NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方の「悩み」を解決するキュレーションメディアです。

観光名所

初めて旅行に来られる方必読!ニューヨークひとり旅に行く前に準備する必須リスト(渡米前)



※2018/7/18 一部コンテンツ更新

どうも、ニューヨークのひとり旅を18歳からしてるKei(@gmnyc_k)です。

ニューヨークに卒業旅行や気持ちの切り替えでひとり旅に来られる方は多いですが、自分は初めて18歳の時にひとり旅をしたのがニューヨークでした。あれから何回ニューヨークのJFKの空港にひとりで来たことかわかりませんが、度々ニューヨーク渡米前の準備不備で、スタートが綺麗に切れなかったことがあります。

初めて行く人からすると「怖い」という先入観があるのは当たり前だと思いますので、この記事ではニューヨークにひとり旅に今から行かれる方のために「渡米前」に必ず準備した方がいい7つのアドバイスを経験者からさせていただきます。

ニューヨークひとり旅の渡米前で準備すること


マンハッタンを外から撮った写真

ニューヨークひとり旅の渡米前で準備するべき必須リストは以下7つ。

  • 格安航空券探し(エスタの準備)
  • 宿泊先(ホテル/Airbnb)
  • 海外保険
  • レンタルWifiの準備
  • ニューヨーク生活で役立つアプリ
  • マネーカード(デビットカード)の準備
  • パッキングの準備

すべて大切な話なので、是非今からニューヨークひとり旅に行こうと思っている方は参考に読んでください。

1:飛行機チケット&エスタの準備


「スカイスキャナー」のホームページを検索した時の画像の写真

「ニューヨークまでの航空券代10万切るって知ってる?」

いつもニューヨークに行ったことない人に実際に聞いてる質問ですが、意外に時期によって日本からニューヨークの往復便が10万円切ってることを知らない人が多いです。

上の写真は海外航空券を扱っている各航空会社が提示してる最安値を教えてくれる「スカイスキャナー」で実際に2019/2/4-2/11までの成田からニューヨークまでの航空券を探してみると1カ国トランジェットしないといけないですが85,782円で航空券を購入することができます。

トランジット(transit)とは航空機で目的国に行く途中、給油その他のために一時他国の空港に立ち寄ること。 乗客は空港外には出られず、空港外で宿泊する場合には一時的な通過査証(トランジットビザ)が発給される。https://kotobank.jp

「スカイスキャナー」のホームページを検索した時の画像の写真

成田からニューヨークまでの直行便の場合でも124,487円で航空券を購入することができます。

もちろん時期により航空券の値段は上下しますが、先ほど紹介した海外航空券を扱っている各航空会社が提示してる最安値を教えてくれる「スカイスキャナー」を使えば簡単にひとり旅行に行こうと思っている期間の最安値の航空券を教えてくれます。

⇒あなたの地域からニューヨーク行きの最安値の航空券をスカイスキャナーで探す

もちろん航空券を予約する際にはパスポートが必要になりますので、もしまだパスポートを取得してない方は「ニューヨークに行く準備をしよう!パスポート申請に必要な書類と申請方法と費用について」の記事にパスポートの取得の仕方を紹介しています。

ニューヨークに行く準備をしよう!パスポート申請に必要な書類と申請方法と費用についての記事のアイキャッチ写真

ニューヨークに行く準備をしよう!パスポート申請に必要な書類と申請方法と費用について

関連記事を読む


またアメリカに入国する際に必須なのが電子渡航認証システム「Esta(エスタ)」です。

電子渡航認証システム(Esta)とは、ビザ免除プログラム参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国・通過する者に対し、米国出入国カードをアメリカ合衆国への渡航前に、インターネットのウェブサイトで電子申請することを義務付けるものである。https://ja.wikipedia.org/

アメリカではEsta(エスタ)の証明書がないとアメリカに入国ができませんので、事前に「ESTA(エスタ)を申請しないと搭乗拒否される?エスタの申請方法と費用について」で紹介している方法でオンラインでEsta(エスタ)登録をしましょう。

ESTA(エスタ)を申請しないと搭乗拒否される?エスタの申請方法と費用について

ESTA(エスタ)を申請しないと搭乗拒否される?エスタの申請方法と費用について

関連記事を読む


ちなみにEsta(エスタ)登録には14ドル申請費用で必要になり、支払いもクレジットカードのみになります。

13時間のロングフライトでの注意事項


日本からニューヨークまで約13時間のロングフライトになるのですが、ロングフライトを経験したことない方にとっては苦痛の13時間です。しかも、節約しようと考えて格安のエコノミーシートに座った時は考えてシートを選ばないと13時間が超苦痛の時間になってしまいます。

特に初めてニューヨークにひとり旅行で来られる方は飛行機内の過ごし方をうまくできない方が多いですので、「ニューヨークから東京まで13時間のロングフライト!快適にエコノミー席で過ごすための5つのポイント」でどうすれば快適に13時間のロングフライトが過ごせるか紹介していますので、そちらを参考にしてください。

ニューヨークから東京まで13時間のロングフライト!快適にエコノミー席で過ごすための5つのポイントのアイキャッチ写真

関連記事を読む


また、乗り継ぎなどで数時間空港内で待たないといけないと思いますが、もし一度経由先の空港を出て、観光したい方は時間に余裕を持って待機しましょう。

ニューヨークに到着して時差ボケしてしまい、昼は寝ちゃうような生活が続くとせっかくのニューヨーク旅行が台無しになります。時差ボケが不安な方は「ニューヨークとの時差ってどれくらい?また時差ぼけに悩んでる方のやってほしい5つの解消法」も読んでおきましょう。



2:宿泊するホテルや宿の準備


ホテルの部屋で休んでいる旅行者の写真

次に気になるのが滞在費で航空券の次にお金がかかると言われてる宿泊費なのですが、ニューヨークにひとり旅行をする際は2つの選択肢が今なら選択できます。

  • ホテルを予約する(アプリ)
  • ホテルを予約する(オンライン)
  • Airbnbで部屋を借りる

ニューヨーク旅行中の滞在先はかなり大切で、ニューヨークに初めてひとり旅行に行く人の多くが「英語が苦手で想像以上に疲れる」「立地がわからなくて行きたい場所まで迷う」など想像以上の疲労に襲われて、滞在先に帰る頃にはヘトヘトということも良くあります。

なので日にち少ないニューヨーク旅行の方で交通の弁やおもてなしを重要視したいならホテルがおすすめで、現地の人のように過ごしてみたいという方はAirbnbがおすすめです。

1:ホテルを予約する(アプリ)


「Hotel Tonight」のアプリ画面の写真

ニューヨークは物価が高ければ、ホテルの宿泊代も日本では考えられない値段ですが、アプリかオンラインでホテルを予約すると破格で泊まれる節約術があるんですが、今から紹介する宿泊費を節約する方法は英語が苦手な方にはハードルが高いのでご注意ください。

宿泊費を節約するのに使うのが「25ドル割引クーポン付き!直前で予約すればあのセレブなホテルが90%OFFで泊まれる?」で紹介した直前だから格安で泊まることができるホテルを紹介してくれるアプリ「Hotel Tonight」なのですが、このアプリは直前で部屋が空いてる提携してるホテルの部屋を一覧で出してくれるだけじゃなく、記事でも紹介してる通り25ドル割引クーポンまで発行してる素敵な宿泊予約アプリです。

25ドル割引クーポン付き!直前で予約すればあのセレブなホテルが90%OFFで泊まれる?Hotel Tonightのアイキャッチ写真

25ドル割引クーポン付き!直前で予約すればあのセレブなホテルが90%OFFで泊まれるHotel Tonight

関連記事を読む


ですが、全て英語表記なので英語が苦手な方でホテル宿泊を希望される方は次の方法でホテルを予約しましょう。

ホテルを予約する(オンライン)


世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」の検索画面の写真

先ほど紹介した「Hotel Tonight」はアプリをダウンロードしないといけませんが、「アプリをダウンロードするのがめんどくさい!」「パソコンでこのまま申し込みがしたい」「英語が苦手だから日本語で予約したい」という方は世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」を利用するのをオススメします。

⇒世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」で部屋を探す

「Hotel Tonight」同様に「Booking.com(ブッキングドットコム)」でも取り扱ってるホテルの部屋で直前で空いてる部屋は毎日割引セールがされています。

photo

また「Booking.com(ブッキングドットコム)」は日本でも利用者が多いので、日本語で実際に宿泊したレビューもたくさん書かれていますので、是非そちらも参考にしてください。

⇒世界最大の宿泊予約サイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」で部屋を探す

Airbnbで部屋を借りる


photo

日本でも話題になってる民泊できる家を探すことができる「Airbnb」ですが、ニューヨークにも多くの家がニューヨーカーらしいオシャレな部屋を貸し出しています。

Airbnbは、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。https://ja.wikipedia.org/wiki/Airbnb

photo

実際に宿泊された方のレビューもGoogle翻訳を使えば大体は理解できると思うので、参考にしてください。

では、一番気になるAirbnbの「メリット&デメリット」について簡単に紹介します!Airbnbについての詳しい詳細は「40ドル割引クーポン付き!Airbnbを利用してニューヨークでホテルの半額の料金で宿泊」を確認ください。

【メリット】
・ニューヨーカーになった気分で生活を味わえる
・ホテル代に比べて出費を抑えることができる

【デメリット】
・ホテルほど充実したサポートがない
・カギの受け渡しなどのやりとりが英語

ですが、「Hotel Tonight」のアプリと異なり、「Airbnb」のアプリは日本語での設定ができるだけでなく、予約まで日本語ですることが出来るので英語の心配はほぼありません。なので、「Airbnb」を利用して部屋を予約した場合でも部屋の住所に指定時間に行けば管理人が対応してくれるので英語力はそこまで必要ありません。

40ドル割引クーポン付き!Airbnbを利用してニューヨークでホテルの半額の料金で宿泊

関連記事を読む


3:海外保険の準備


ニューヨークの病院で待っている人たちの写真

「まさか、私がニューヨークで事故に遭遇?そんなわけがない」

たまにニューヨークひとり旅に来られている方が保険に入らないで遊びに来ることがありますが、事故はいつ、どこで起こるかわからないです。ましてや、ニューヨークでは考えられない荒い運転がされており、個人的には日本より交通事故に遭う遭遇率は高いと思います。それに時差ボケや知らない場所でのストレスからの体調不良なども初めてニューヨークひとり旅に行かれる方によく見られる症状です。

こんな時に病院に行きたくても海外保険に入ってなければ高い請求額を支払わないといけなくなります。

まだ実感のない方は「27人に1人がトラブルに遭う?ニューヨーク旅行にオススメの5つの海外旅行保険と実際にあった怖い話」を読んでください。この記事内で実際にあった体験談と一緒にオススメの海外保険も紹介しています。

27人に1人がトラブルに遭う?ニューヨーク旅行にオススメの5つの海外旅行保険と実際にあった怖い話のアイキャッチ写真

27人に1人がトラブルに遭う?ニューヨーク旅行にオススメの5つの海外旅行保険と実際にあった怖い話

関連記事を読む


初めてのニューヨークひとり旅だからこそ、事前に海外保険にもしっかり加入しておきましょう。

体調管理の準備


厚着をして冬のブルックリンブリッジを歩いてる人の写真

ニューヨークは温度差が季節によって差が激しい街です。2017年12月も数日前まで秋並みの温度(10度前後)でしたが、数日後には冬並みの温度(マイナス3度)だったりと数日で温度が大きく変化することはよくあります。

ニューヨークの気温については「初めて来る旅行者向けに季節ごとのニューヨークの天気を紹介します」で紹介しています。記事内には天気アプリでニューヨークの天気を見る方法を紹介しています。

初めて来る旅行者向けに季節ごとのニューヨークの天気を紹介しますの記事のアイキャッチ写真

初めて来る旅行者向けに季節ごとのニューヨークの天気を紹介します

関連記事を読む


4:レンタルWifiの準備


ニューヨークのお洒落なカフェで写真を撮ってる女性の写真

最近日本でも「アメリカ放題」などのアンリミテッドの通信サービスが普及し始めましたけど、アメリカのキャリアは日本ほど電波が強くないのは現地に住んでいる自分が一番知っている。実際に自分はT-mobileと契約しているけど、本当に電波が入らない場所が多くてイライラします。

なので、ニューヨーク旅行ひとり旅に行く前にレンタルWifiを日本で借りることをオススメします。

⇒ニューヨーク旅行中に使うWifiなら100%【U.S.データ】が良い理由

あと最近知り合いに「ニューヨークは無料Wifiが色々な場所で使えるからレンタルWifiいらないじゃん」と言われましたが「インスタ女子必読!ニューヨークの無料Wi-fiをおすすめしない理由」でも紹介した通り、無料Wifi全てにデータが盗まれる危険性があり、あなたの個人情報が全部知らない間に盗まれてしまう場合があります。

インスタ女子必読!ニューヨークの無料Wi-fiをおすすめしない理由のアイキャッチ写真

インスタ女子必読!ニューヨークの無料Wi-fiをおすすめしない理由

関連記事を読む


5:ニューヨーク生活で役立つアプリ


ニューヨークのお洒落なカフェで写真を撮ってる女性の写真

今ではアプリを使って様々なサービスが受けられる時代ですが、ニューヨーク旅行中にも便利に使うことが出来るアプリを「2018年版動画付き!ニューヨーク旅行者は必ずダウンロードした方がいいiPhoneアプリ15選」にまとめておきました。

2018年版動画付き!ニューヨーク旅行者は必ずダウンロードした方がいいiPhoneアプリ15選

関連記事を読む


では、実際に便利な「Uber」という配送アプリを紹介します。

ニューヨークの移動手段といえば「Uber」


ニューヨークの地下鉄の写真

ニューヨークをひとり旅する上でWifiが使える環境ならUberが最高の移動手段です。

数年前までニューヨーク旅行での移動手段は地下鉄が一般的でしたが、週末でも工事で運行中止したり、何十分も電車がこないなどのトラブルがずっと問題になっていましたが、Uberが全てをクリアにしてくれました。日本では普及していませんがニューヨークの移動手段で主流になっているのがUberですがUberはAirbnbのように民間の人がドライバーになって、あなたを送迎してくれるサービスです。

「え?民間の人?心配だわ...」

と思われるかもしれませんが、Uberは月に1回ドラッグテストをするくらい厳しい会社で私自身100回以上Uberを利用していますが4.4以下のドライバーに遭遇したことがありませんし、車内も明るくずっと話してくれる人もいれば、何も話さないで目的地まで送迎してくれるドライバーもいるサービスです。

しかも、JFK空港からマンハッタンまでの金額はタクシーよりUberの方が安いです。

詳しい詳細は「2018年版!5ドルクーポンが無料でもらえる!ニューヨークの移動手段アプリ、Uberの使い方とサービス内容を紹介」をご確認ください。タクシーのように場所を告げることも不要ですし、オンラインで決済なのでお金の受け渡しも不要ですし、乗車前に乗車金額が確認できたり、乗車中もどこに向かっているかアプリからGPS機能を使って確認もできます。

2018年版!5ドルクーポンが無料でもらえる!ニューヨークの移動手段アプリ、Uberの使い方とサービス内容を紹介

関連記事を読む


また多くの方が大きな荷物を持ったまま空港から宿泊先まで移動するのは避けるために移動手段として「Uber」を使われている方が多いイメージです。

6:マネーカード(デビットカード)の準備


デビットカードを持ってる人の写真

ニューヨークに初めてひとり旅に行く人が心配なのが「お金の管理」です。

「現金をいくら両替すれば良いのか?」
「クレジットカード情報が盗まれないか?」
「あといくら使えるお金があるのか?」

などの色々なお金の心配がありますが、大切なのが紛失した際に最小限の被害で終わらせることです。

もしクレジットカードを落としたら利用を止めるだけじゃなく、契約しているサービス全てに電話をする必要もありますが、デビットカードはプリペードカードみたいなものなので、利用を止めるだけで問題ないです。なので、一番のオススメは現金を少しとマネパなどのデビットカードに必要な金額のみを入金して持って行くのが一番効率的です。

ニューヨークに何度もひとり旅をしたことある自分がオススメするのがマネーカード(デビットカード)です。

日本では聞き慣れないデビットカードですが、使い方は簡単でデビットカードを契約して、手元にデビットカードが届いたらオンラインからお金をチャージして、チャージした金額分だけ利用できる便利なカードです。

マネーカードについては「海外で現金は落としたら終わりだけど、プリペードのマネパカードなら安心」で紹介しています。

海外旅行ならクレジットカードよりプリペードのマネパカードが断然お得な理由と申し込み方法紹介の記事のアイキャッチ写真

海外旅行ならクレジットカードよりプリペードのマネパカードが断然お得な理由と申し込み方法紹介

関連記事を読む


7:パッキングの準備


ニューヨーク旅行に行く人のカバンの中身の写真

最後に注意しないといけないのがニューヨークひとり旅行用のパッキングです。

滞在する日数に合わせて、必要な物を持って行くのがベストなのですが、多くの人が無駄にたくさん持ってきてしまいます。そして、ニューヨークでもテンションが上がって、買い物をすることを考えると必然的に持ち帰るものが増えますので、行きの段階でスーツケースに余裕がないと後々大変です。

なので、「大量の衣類を賢く荷作りする方法と機内に手荷物&パソコンを持ち込む際の注意事項」を参考に上手なパッキングをしてください。

大量の衣類を賢く荷作りする方法と機内に手荷物&パソコンを持ち込む際の注意事項のアイキャッチ写真

大量の衣類を賢く荷作りする方法と機内に手荷物&パソコンを持ち込む際の注意事項

関連記事を読む


特に11月から4月までの寒い時期にニューヨークに来る方は重いアウターなどを日本から何枚も持って来るとそれだけでスーツケースを占領してしまいますので、1枚だけ捨てても良いものを持参して、現地で購入することをおすすめします。

とりあえず圧縮袋は強い味方なので、これだけは渡米前に買いましょう。



ニューヨークで〇〇がしたい!


マンハッタンの図書館の写真

最後にニューヨーク旅行に来られてる方からよく聞かれる質問をここで紹介しますので参考にしてください。

ニューヨークでミュージカル選びに困った場合


ニューヨーク旅行に行く人のカバンの中身の写真

ニューヨークには多くの人気ミュージカルがありますが、英語が苦手な人やミュージカルを始めて見る人は何を見ていいか選ぶのが難しいです。そんな方のためにニューヨークでプロブロガーとして活動してるKei(@gmnyc_k)が実際に足を運んだおすすめミュージカルを「ネタバレごめん!人気ミュージカル感想文」で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

ネタバレごめん!人気ミュージカル感想文の記事のアイキャッチ写真

ネタバレごめん!人気ミュージカル感想文

関連記事を読む


ニューヨークでの遊び方に困った場合


ニューヨークをアテンド中の写真

始めてのニューヨークで何をしていいかわからない人は2018/7よりニューヨークでプロブロガーとして活動してるKei(@gmnyc_k)がスタートしたニューヨークをアテンドしてくれるサービス「ニューヨークwoアテンド」がおすすめです!

レビューあり!「ニューヨークwoアテンド」公式サイトのトップ写真

レビューあり!「ニューヨークwoアテンド」公式サイト

関連記事を読む


⇒「ニューヨークwoアテンド」参加者の声

ニューヨークで友達が欲しい


友達と遊んでる時の写真

「1人で来たのはいいけど、ちょっと誰かと話したいな...」そんな友達が作りたい人もいると思いますが、「信ぴょう性のないオンラインの出会い系はちょっと...」という方も多いと思いますが、そんな方にはサクラや業者もいない、純粋に出会いの場を提供してる「ニューヨークはオンラインで友達作るのが当たり前?アメリカで流行ってる出会い系サービスPairsとは?」で紹介している「Pairs」がオススメです。

ニューヨークはオンラインで友達作るのが当たり前?アメリカで流行ってる出会い系サービスPairsとは?の記事のアイキャッチ

ニューヨークはオンラインで友達作るのが当たり前?アメリカで流行ってる出会い系サービスPairsとは?

関連記事を読む


「Pairs」のいいところは日本人向けのサービスではなく、日本に興味がある外国人の方も多く利用しているので、GPSから近くにいる日本語が話せる異性などとも簡単に出会うことが出来ます。是非ニューヨークで友達を増やしましょう!

ニューヨークのお土産を探してる人


ニューヨークのお土産のアイコンの写真

ニューヨーク旅行で想像以上に時間を使うのが「ニューヨークのお土産選び」です。

観光雑誌になどにも色々ニューヨークらしいお土産が紹介されていますが、実際にニューヨークに行くと目移りしてしまうような可愛いニューヨークらしいお土産がたくさんあります。このブログでは「お土産何買えば...?そんなあなたに私がニューヨーク好き女子に喜ばれる定番お土産を教えましょう!」でニューヨーク旅行者の方に是非行って欲しいお土産やさんをリストにして紹介していますので、是非参考にしてください。

お土産何買えば...?そんなあなたに私がニューヨーク好き女子に喜ばれる定番お土産を教えましょう!

関連記事を読む
Pocket

※この記事は2018/07/17に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


この記事を書いたのは...

海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー   Kei

元スニーカーバイヤー→NYC在住の海外バイヤー仕入れトレンド調査ブロガー。バイヤーが仕入れる人気商品のトレンドを調査するブログを含め合計【26万PV/月】の運営者&会員サービス「KUTSUHIMO」($10/月額)&会社経営。

最近書いた記事

Keiのプロフィールはコチラ

初めて留学に来られる方必読!ニューヨーク移住前に準備する必須……

ライフスタイル

初めて旅行に来られる方必読!ニューヨークひとり旅に行く前に準……

観光名所

英語日記の添削ならオンライン英会話ネイティブキャンプが一番コ……

ライフスタイル

ニューヨークで話題のカップケーキ専門店「スプリンクルズ」のA……

食べる&飲む


「#私が見たニューヨーク」のタグがついている写真一覧