NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方の「悩み」を解決するキュレーションメディアです。

ライフスタイル

空港のレンタルWifiも楽天に出店してるWifi業者もニューヨークの無料Wi-fiもおすすめしない理由



※2018/4/27更新 (空港のWifi料金表追加)

ニューヨークの無料Wi-Fi事情に困っている生粋のニューヨーカーです。この記事はKei(@gmnyc_k)さんとのコラボ記事になります。

初めてニューヨークに旅行に行く方はWebで「ニューヨーク Wi-Fi」で検索して色々なページを今チェックされていると思いますが、どの記事も「ニューヨークの旅行は無料Wi-Fiだけで大丈夫!無料だし、節約できるよ!」みたいな紹介がされていますが、大きな間違いです。

必ずポケットWi-Fiを借りた方がいいです。

なぜニューヨーク旅行に行く際にポケットWi-Fiを借りたほうがいいかというと3つ理由があります。

  • 空港で直前でも借りれるポケットWi-Fiは高額
  • 楽天市場に出店してるポケットWi-Fi業者に要注意
  • ニューヨークで簡単に見つかる無料Wi-Fiには要注意

(1)(2)に関してはKeiさんの実体験になりますので、今からニューヨークに旅行に行く人でポケットWi-Fiを探している人は参考にしてください。


またJFK空港の中でも無料Wifiが飛んでいますが、全く使えません。

なので、Wi-Fiレンタルはニューヨーク旅行者の方の間で一番人気のポケットWi-Fi会社【U.S.データ】をレンタルしておくことをオススメします。

パケ放で1日980円! → アメリカ専用レンタルWiFiルーター【U.S.データ】詳細ページ

空港で直前でも借りれるポケットWi-Fiは高額


羽田空港にあるWifiレンタル業者の写真

ニューヨークに旅行に行かれる方で「空港で直前にポケットWi-Fiをカウンターで借りよう!」と考えている方もいらっしゃいますが、

羽田空港にあるWifiレンタル業者の料金表の写真

空港で直接借りる場合は先ほど紹介したニューヨーク旅行者の方の間で一番人気のポケットWi-Fi会社【U.S.データ】と比べて高いです。3GSや4Gの違いもわからずに借りられる方いますが、「3GSとか何年前の通信速度なんだ...」と正直多くの方が思うでしょう。実際にいまのスマホのほとんどが4GかLTEです。スピードが全く違います。

もちろん多くの方が一番安いWi-Fi機器をレンタルするので在庫がないことがよくあります。もちろん在庫が全て無くなることは少ないと思いますが、場合によっては高額のWi-Fi機器しかレンタルできない場合もあります。

羽田空港にあるWifiレンタル業者の写真

また直前での申し込みの場合、待ってる人の列などがなければスムーズにポケットWi-Fi申し込みまで出来ますが、混雑している場合やWi-Fiレンタル店舗の場所がわからず想像以上に時間を使ってしまい、搭乗に遅れてしまう危険もありますし、時間帯によっては窓口が開いてない場合もあります。

余裕を持ってニューヨーク旅行するためにも事前にWi-Fiレンタルはニューヨーク旅行者の方の間で一番人気のポケットWi-Fi会社【U.S.データ】をオススメします。

パケ放で1日980円! → アメリカ専用レンタルWiFiルーター【U.S.データ】詳細ページ

楽天市場に出店してるポケットWi-Fi業者に要注意



この話は実際に2018年4月にKeiさんが被害にあった話です。


楽天市場には数多くのWi-Fiレンタル業者がありますが、中には悪質なWi-Fiレンタル業者もいます。

「MobilePeace」という悪質なWi-Fiレンタル業者のトップページ写真

「MobilePeace」という悪質なWi-Fiレンタル業者は100%オススメしません。

「MobilePeace」という悪質なWi-Fiレンタル業者とのやりとりの写真

この店舗でKeiさんが一時帰国をする際に利用しようとして申し込みをしたのですが、商品が発送されたと連絡があったのですが、追跡番号は一切なく、商品は指定した日時に届かず、商品がどこにあるのか?延滞金は発生してるのか?など商品に関する問い合わせをしても連絡は1ヶ月一切なし&ホームページに記載のある番号に電話しても一切電話は繋がらず、ほぼ3週間放置されました。

そして、楽天を通じて1ヶ月かけて店舗からの連絡を待って最初にきたメールが、

「MobilePeace」という悪質なWi-Fiレンタル業者とのやりとりの写真

謝罪なしのキャンセルメール、本当に舐めてます。

彼らはKeiさんの時間をなんだと思っているのでしょうか?もしあなたが一生に何回いけるかわからないニューヨーク旅行で「楽天市場に出店してるから100%商品は日時までに届く!」と思っているなら今すぐその考えは捨てたほうがいいです。


またKeiさんは楽天市場本体もこの詐欺店舗に対して「どうにかしてほしい」と連絡をしても、「私たちではどうしようも出来ないから店舗から連絡を待ってくれ」と楽天利用者を馬鹿にしている回答。この悪徳業者別でKeiさんが記事を公開するのでお待ちくださいとのことです。

以上の理由で楽天に出店してるポケットWi-Fi業者はオススメしません。

なので、ニューヨーク旅行者の方の間で一番人気のポケットWi-Fi会社【U.S.データ】のポケットWi-Fiを借りて行かれることをオススメします。

パケ放で1日980円! → アメリカ専用レンタルWiFiルーター【U.S.データ】詳細ページ

ニューヨークの無料Wi-Fiは危険?もしかしたら個人情報抜かれてるかも


ニューヨークで使える無料Wifiスポットの写真

この記事を読んでる人は「ニューヨーク wifi」のキーワード検索して、ポケットWi-fiに関する色々な方の記事を見ていると思いますが、確かに多くの記事に書かれているようにニューヨークでは無料Wi-Fiは数多く飛んでおり、観光名所やカフェにも無料Wifiはありますが、繋がらない偽物Wi-Fiもいたるところにあります。

この繋がらない偽物Wi-Fiが危ないのが「あ、無料Wi-Fiだ!」とアクセスした時にハッキングされてデータが全部盗まれる危険が無料Wi-Fiあるからです。

怖いのが空港やカフェやホテルなどの無料でWi-Fiを提供している場所に紛れて入っていたり、本当に店側が提供してる無料Wi-Fiから侵入してデータを盗む人もいます。実はこういった無料Wi-Fiは誰もが自由に利用できるように、通常暗号化している情報を暗号化されていない無防備の状態で、暗号化されていないため通信の内容はもちろん、個人情報を簡単に盗むこともできます。

詳しくは「海外のカフェ・ホテル・空港のフリーWIFIは危ない!安全な4つの使い方とは?海外旅行FP」が参考になると思いますので読んでください。

この無料Wi-Fiからのデータ流出を防ぐ救世主として2015年にニューヨークの街角に登場した無料高速Wi-fiが使える「LinkNYC」が街中に設置されると大きなニュースになり、NYPGでも「数年後にはニューヨークのどこでも高速無料Wifiが使えるようになる!LinkNYCがwifi事情に革命を起こす」という記事を書きました。



ですが、現実はニューヨーク旅行者向けに作られた無料高速Wi-fiもホームレスの溜まり場になっています。

もちろん「LinkNYC」から無料高速Wi-Fiを使うことは出来ますが、ホームレスの溜まり場になっているのは間違いない事実なので危険と判断した場合は近づかない方が無難です。

ニューヨークのカフェがお客様用に提供してるパスワードが必要なWi-Fiはok!



ニューヨークの多くのカフェがお客様用のWi-Fiを提供しています。そのWi-Fiにログインするにはパスワードが必要になるのですが、無料Wi-Fiでは暗号化されていなかった部分がパスワードを利用することで暗号化し、セキュリティー面を大幅にあげます。

ですが、全てのカフェにWi-Fiがあるわけでもありませんし、エリアによってはカフェが見つかりにくいエリアもあります。なので、ポケットWi-Fiは必須になります。

「ニューヨーク ブログ」で色々なブログを見た人は色々な似たようなサービスがあるので混乱してると思いますが、自分は一番おすすめなのが自分もニューヨークに旅行に行ってた時に使ってたグローバルWi-Fiです。

パケ放で1日980円! → アメリカ専用レンタルWiFiルーター【U.S.データ】詳細ページ

無料Wi-Fiじゃなくて業界最安値のグローバルWi-Fiを使おう


業界最安値のグローバルWi-Fiのトップページの写真

結論を言うと、渡米前にポケットWifiをレンタルしてニューヨーク旅行中は無料Wi-Fiは繋がないのが一番。

グローバルWi-Fiがおすすめな理由は1日500MBも使えるのに破格の750円〜/1日で利用できる安さと出発日の1ヶ月以上前に申し込んだ方は、定額通信料金が10%オフになるお得なキャンペーンなど利用者に嬉しいキャンペーンが盛り沢山!

また、友達と複数でニューヨーク旅行に行くなら、1つのWi-Fiルーターで最大10台接続できるので、1人がWi-Fiを契約すればみんなで使うことができます。

実際にグローバルWi-Fiを利用した人のツイートがありましたので紹介します。




多くの利用者が利用してるWi-Fi業者だからこそ安心して利用できますので、ニューヨーク渡米前に余裕を持って予約しておきましょう!

パケ放で1日980円! → アメリカ専用レンタルWiFiルーター【U.S.データ】詳細ページ

業界最安値のグローバルWi-Fiの料金表の写真

業界最安値のグローバルWi-Fiのデータ表の写真

では最後に無料でWi-Fiが使える場所を紹介しますが、なるべく使わないことをおすすめします。

Wi-Fiが無料で使えるチェーン有名店


ニューヨークでWi-Fiが無料で使えるチェーン有名店の写真

まずは日本に住んでる人でも耳にしたことある有名チェーン店で無料Wi-Fiが使えるお店を紹介します。ですが、ここで紹介する無料Wi-Fiも先ほど書いた通り簡単にあなたの個人情報をWi-Fiを通じて盗めますので、利用する際はご注意ください。

スターバックス:StarBucks


ニューヨークに到着するとビックリするのはスターバックスの多さ。ミッドタウン辺りにいくと本当に2、3ブロック先に1件あるくらいのペースで見かけます。なので、無料Wi-Fiをどうしても使いたい時は近くのスターバックスに駆け込むのが一番確実です。

また、スターバックスの無料Wi-Fiを使う時は「attwifi」「starbucks○○」と記載のある無料Wi-Fi名をクリックして下さい。しばらくすると別ウィンドが立ち上がります。この画面内「Connect」を押してもらえば無料Wi-Fiが利用できます。

マクドナルド:Mcdonald's


マクドナルドもスターバックスに負けないくらいどこにでもあります!マクドナルドもスタバと同じで無料Wi-Fiを使う時は「attwifi」「macdonald○○」と記載のある無料Wi-Fi名をクリックして下さい。しばらくすると別ウィンドが立ち上がります。この画面内「Connect」を押してもらえば無料Wi-Fiが利用できます。

ダンキンドーナツ:Dunkin' Donuts


日本ではミスタードーナツと似てますが、アメリカでドーナツチェーン店と言えば「Dunkin' Donuts」です!日本でも人気のポンデリングっぽいやつやフレンチクルーラーなどもあって、味も上手いので是非!

ダンキンドーナツの無料Wi-Fiを使う場合は無料Wi-Fi名が「Dunkin' Donuts」の名前があるものをクリックしてください。しばらくすると別ウィンドが立ち上がります。この画面内「Connect」を押してもらえば無料Wi-Fiが利用できます。

パネラ:PaneraBread


アメリカで人気のカフェで、サンドイッチをはじめパニーニやあらゆるパンが豊富で人気です。個人的にはチーズとブロッコリーのスープがオススメ!よくこのスープだけを飲みに行きますし、パネラは店内が落ち着いてるのでインターネットを楽しみたい方には穴場スポット!

パネラの無料Wi-Fiを使う場合はwifi名が「panera」の名前があるものをクリックしてください。しばらくすると別ウィンドが立ち上がります。この画面内「Connect」を押してもらえば無料Wi-Fiが利用できます。

ニューヨークにある無料Wi-Fiが使える図書館



ニューヨーク(他の州も同じなはず)では大きい小さい関係なくどこの図書館でも無料Wi-Fiが利用できます。

ニューヨーク公共図書館の無料Wi-Fiを使う場合はwifi名が「NYPD」の名前があるものをクリックしてください。しばらくすると別ウィンドが立ち上がります。この画面内「Connect」を押してもらえば無料Wi-Fiが利用できます。

無料Wi-Fiが使えるホテル


ホテルによって異なりますが、個人的に好きな無料Wi-Fiが利用できるACE Hotelの場合は「ace hotel lobby」の無料Wi-Fi名をクリックして、「Visitor」をクリックし、名前とEmailを入れて「Connect」を押すだけで無料Wi-Fiが利用できます。

無料Wi-Fiが無料で使える公園


ニューヨークでは多くの公園で無料Wi-Fiをが利用できます。例えばセントラルパーク(wifi名:attwifi)、ブライアントパーク(wifi名:BryantPark.org)、ユニオンスクエアパーク(wifi名:Unionsquarewifi)、ハイライン(wifi名:attwifi)など多くの公園で無料Wi-Fiが利用できます。

また、それらの無料Wi-Fiを利用方法も簡単で、上記で紹介した無料Wi-Fi名にアクセスして「Connect」を押すだけで無料Wi-Fiがが利用できます。

無料Wi-Fiがが利用できる場所(番外編)


他にも無料Wi-Fiが使える場所がニューヨークにはたくさんありますので紹介します。

例えばタイムズスクエアのブロードウェイ沿い、42丁目から47丁目の間の無料Wi-Fi名:Times SqFree WifiのWi-Fiを使うことで無料Wi-Fiが利用できます。

また長距離バスのMegabusでは運賃は早割りですが、バス内は無料Wi-Fiも完備しています。ですが、予約は全てHP(英語表記)からクレジット決済で行う点や 無料Wi-Fiが安定しておらず利用できない場合もあることから「無料Wi-Fiが必ず使える!」とは言えません。

最後に意外に知られてないのが日本でもFedEx Kinkosで有名なFEDEX Offices(フェデックス・オフィス)でも無料Wi-Fiを使う事ができます。ニューヨーク市内でしたらオフィスはたくさんありますし、営業時間が長く24時間営業の支店もあります。

ですが、何度も言う通り、今紹介した無料Wi-Fiも先ほど書いた通り簡単にあなたの個人情報をWi-Fiを通じて盗めますので、利用する際はご注意ください。

今からニューヨーク旅行に行かれる方へ


ニューヨーク旅行をしてる人の写真

たまにポケットWi-Fiを用意しないでニューヨーク旅行に行く人がいますが、ニューヨーク旅行中にいつどこでインターネットが必要になるかわからないです。

そんな危険と背中合わせな時間を過ごしながらニューヨーク旅行をしても楽しくもありませんし、Keiさんのように楽天市場だからと安心して悪質な詐欺会社に時間を取られるのも本当に疲れます。だからこそ、多くの人が使っている&安心できるWi-Fiレンタル業者からレンタルすることをオススメします!


パケ放で1日980円! → アメリカ専用レンタルWiFiルーター【U.S.データ】詳細ページ

Pocket

※この記事は2018/04/26に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。



「#私が見たニューヨーク」のタグがついている写真一覧