NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方、初めてニューヨークに留学する方のためのキュレーションメディアです。

ライフスタイル

ホテルの半額以下でニューヨーカーな生活?Airbnbを利用してニューヨーク旅行を満喫せよ


定価で物を買うのが嫌いな名前が言えない黒子(@newyork_pg)です。

ニューヨークに旅行に来たことのある人ならホテルの値段に驚いた経験があるのではないでしょうか?日本のビジネスホテル感覚でニューヨークでホテルを探すと日本の3倍ほどの値段が提示されてビックリするでしょう。

それくらいニューヨークは家賃同様、ホテルもバカ高いです。

そして値段が高い=素晴らしいサービスが提供されると考える人がいますが、日本ほどサービスが素晴らしい国はありません。日本と同等のサービスが受けたいなら1泊10万くらいださないと難しいかもしれないですね...

ですが、今の時代Airbnbを使って宿泊先を探す時代!

今日はニューヨークでAirbnbを使って家を探す時に抑えてほしいポイントを紹介します!

Airbnbがホテルよりも人気の理由


Airbnbがホテルよりも人気の理由

ニューヨークに旅行に来る人の多くがニューヨーカーの生活に憧れを抱いていると思います。それは映画の影響なのか雑誌の影響なのか...ですが、ニューヨークに住んでみてわかったのが、ホテルと家はやっぱり違います。

生活感あふれる家に数日住むだけで、ニューヨークで生きていけるのか肌で感じれると思います(笑)

「ニューヨーカーな生活がしたい!」という方は是非Airbnbを利用してほしいです。

Airbnb公式ホームページはコチラ



Airbnbを使って宿を探す前に25ドルオフの割引チケットをゲット


Airbnbを使って宿を探す前に25ドルオフの割引チケットをゲット

Airbnbが提供してるサービスで「友達紹介」という形で家をAirbnbで探すと25ドルオフの割引チケットがもらえます!Airbnb内での家の探し方は同じで、アクセス元が「友達」なのか「公式サイト」なのかの違いです。

とりあえず安くなるっていうのだから、もらっておきましょうw

Airbnbに登録(25ドルの割引クーポンが付きます)



実際にAirbnbで家を探す前に


実際にAirbnbで家を探す前に

ニューヨークはエリア、エリアで表情が全く異なります。「何をしにニューヨークに行くのか?」で住むエリアも変わりますし、遊べる場所も変わってきます。今日は代表的なエリアを紹介したいと思います。

ミッドタウン


THE ニューヨーク!と言えばミッドタウンです。映画に出てくるような金持ちニューヨーカーが住んでる家に泊まりたい人はミッドタウンへ。5番街やロックフェラーなどニューヨークを代表する建物があるエリアです。

SOHO


買い物が大好きな人はSOHOがオススメです。SOHOは1970年頃に芸術家の町として盛り上がった場所で、今では有名なブランド店が集まる服好きにはたまらないエリアです。歩いて15分圏内にリトルイタリーやチャイナタウンがあるので、食べ物等にも困らないでしょう。

ロウアーイースト


最近何かと話題のロウアーイースト。ダウンタウンに位置するロウアーイーストはギャラリーやニューヨークっぽいお洒落なお店が多いのが特徴で、夜もバーやクラブなどワイワイしてるエリア。壁にかかれた落書きですらクオリティが高いエリア。

ハーレム


HIPHOPカルチャーが好きな人は是非ハーレムに。10年住んでいるとニューヨークの町並みはガラッと変わりますが、ハーレムはまだ昔のニューヨークが残ってる素敵なエリア。

ブルックリン


ブルックリンは数年前から急に人気が出たエリア。ブルックリンといえばベットフォードやウィリアムズバーグとかだと思っていましたが、最近ではブッシュウィックも人気。SOHOとは違うお洒落さんが集まるブルックリンも要チェック。

クイーンズ


最近アーティストがブルックリンからクイーンズに移動してるとよく聞きます。クイーンズは昔住んでいましたが、エリアによりますが静かで住みやすい場所だなというイメージです。マンハッタンまでも電車で簡単にアクセスできます。

実際にAirbnbでニューヨーカーの家を借りる


実際にAirbnbでニューヨーカーの家を借りる

上で紹介したエリアを決めれば後は簡単です。Airbnbに先程紹介したリンクからAirbnbにアクセスして家を探すだけ。

Airbnb公式ホームページはコチラ



ニューヨークでAirbnbだからこそ注意点


ニューヨークでAirbnbだからこそ注意点

ニューヨークでAirbnbは何年にもわたり大きな問題として取り扱われています。2010年にニューヨーク州の法律で31日未満の短期貸しを法律で禁止ていましたが、違法行為はなかなか減らず、ついに州とAirbnbとの係争に発展しました。

そして2014年に州司法長官がAirbnbに対し、登録している全ホストの個人情報を提出するよう申し立てました。対象が広すぎるとして申し立ては一度却下されたものの、個人を特定できない形で情報提供するという条件で、和解が成立し、提供された情報を元に一年かけて州側が調査することに。

実際社会問題に詳しい田中めぐみさんは以下のコメントをしています。

シェアリングは、個人間の助け合いとビジネスとの間のグレーゾーンであり、既存の法律では対応しきれないことが多いようです。新しい概念やサービスが生まれる際には、既成概念との矛盾や対立がつきものですが、時代の流れにあわせて規制を変えていくしかないのでしょう。 http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakamegumi/20140523-00035590/

借りる側もホテルなどの会社が経営している宿に泊まるわけではないので、それなりのリスクは必ずあります。

例えば鍵が指定の時間に渡しに来ない、何か使えないものがある、部屋が思った以上に狭いなど...色々個人間のトラブルは出てくるでしょう。ですが、それも旅の醍醐味として受け入れれる人はAirbnbをオススメします。

さいごに


いかがでしょうか?実際自分の周りでもAirbnbを使って犯罪に巻き込まれた人がいます。その時は4Fの部屋を借りていて、1Fでレイプがあったらしく警察がビル全体に聞き込みをしました。その時にAirbnb利用者とバレて、警察が

「1分で出て行け。俺はお前らを今すぐ捕まえることが出来るんだぞ?」

と言われたみたいです。先程も行った通りAirbnbはグレーなビジネスです。人によって考え方も大きく違います。Airbnbを使うということは楽しみだけではなくリスクもあることを忘れないでください。
安心の日本人アパートメントハウス
心に残るNY旅は、宿との出会いで決まる。1泊30ドルで宿泊可能!

※この記事は2015/09/08に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

pexels-photo-296878
Pocket