観光名所

911メモリアルミュージアムは混雑してる?チケット購入と博物館巡り

※2020/2/15 お土産ページ追加

今年の年末年始はマイナス10度からスタートに驚いている生粋のニューヨーカーです。

ニューヨーク観光のルートを考えている人は是非ニューヨークの悲劇の同時多発テロ事件の歴史が見られる911メモリアルに遊びに行って見てください。どうしても人間なので「喉元過ぎれば熱さを忘れる」のはしょうがないですが、2001年に起こった同時多発テロのリアルな現場を自分の目で見たら人生観が変わります。

正直始めはお金を払ってまで見る価値があるのか?と思ってましたが、同時多発テロ事件を始め、最近のテロ事件を考えても他人事ではないと感じて、過去にニューヨークであったテロ事件を自覚するためにも911メモリアルミュージアムに行きました。

  • 911メモリアルミュージアムの基本情報
  • 911メモリアルミュージアムに行った感想
  • 911メモリアルミュージアムで購入できるニューヨーク土産

この記事では3つのトピックに分けて911メモリアルミュージアムを紹介します。

チケットの購入は購入はコチラから

911メモリアルのチケット販売中!

2018年9月よりニューヨークにある旅行代理店と業務提携し、今まで以上に安い金額でチケットを販売することができるようになりました!チケットの購入は購入ボタンからどうぞ


目次[隠す]

911メモリアルミュージアムでは2001年に実際にあった同時多発テロ事件で引き起こした惨劇と遺品が展示されています。ちなみにこの同時多発テロ事件で標的にされたのではニューヨークにあった「世界貿易センタービル」とアメリカ国防総省本庁舎「ペンタゴン」でした。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている追突16分前の写真

この上の写真は実際に911メモリアルミュージアムに展示されている写真で、事件16分前にロウアーイースト側から撮影された「世界貿易センタービル」になります。

911メモリアルミュージアムに展示されている追突直後の炎上してる世界貿易センタービルの写真

そして、8時46分にアメリカン航空11便の突入を受けて爆発炎上し、9時3分に2機目のユナイテッド航空175便が南棟に突入して崩壊した後の写真がコチラになります。

「世界貿易センタービル」の姿はどこにもありません。

この同時多発テロ事件は事件当初はテロ行為ではなく単なる航空機事故として紹介していましたが、各テレビ、ラジオ局が世界各国に1機目の衝突を臨時ニュースとして国際中継していた間に2機目の投入事故が起こったため、前代未聞の衝撃的な映像を多くの人たちがリアルタイムで見ることになったのと同時にテロ事件として扱われました。

「世界貿易センタービル」自体が崩壊した理由については突入した機体は元々何かに突入した際も崩壊しないよう設計されていましたが、突入するスピードに耐えれず機体が崩壊し、ジェット燃料が館内に漏れて、そこから爆発的火災が発生し、砕けるように崩壊したという説が有力ですが、本当のことは誰も知らないです。

そして、2001年の同時多発テロから10年以上経ち、ワールドトレードセンターの跡地には多くの惨劇を忘れないようにするために、2014年5月に911メモリアルオープンがオープンしました。

目次へ戻る


「911メモリアルミュージアム 無料」のキーワードで検索された方がこのページに来ていますが、無料で見られるのはワールドトレードセンターがあったそれぞれの跡地に、ノースプールとサウスプールという、滝を模した慰霊碑があり、この慰霊碑のある滝のみが無料で見られます。(写真右)

同時多発テロの資料が展示されているのは911メモリアルミュージアム内(写真左)で、この911メモリアルミュージアムに入場するのは有料になります。

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムの近くにある跡地に作られた慰霊碑の写真

911メモリアルミュージアム付近に先ほども書いたようにノースプールとサウスプールという、滝を模した慰霊碑がワールドトレードセンターがあったそれぞれの跡地に立てられており、そこには、2983名のテロ犠牲者の方の名前が慰霊碑に書かれています。

この慰霊碑を見るだけでも衝撃を受けますが、やはり、911メモリアルミュージアムに展示されていテロが生んだ悲劇を実際に見ると「生きる」とは何か?と考えさせられます。

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムの中に展示されている「世界貿易センタービル」の先端についていたオブジェの写真

コチラの写真は「世界貿易センタービル」の先端についていたオブジェの一部です。

この写真のような同時多発テロが生んだ悲劇を911メモリアルミュージアム内では鑑賞することができます。これがたった数十年前に起こった悲劇で、多くの人がリアルタイムで見ているのも考えるとこれらテロ行為が誰もが関係のないことで終わることはできません。

テロの悲劇に巻き込まれるのは誰もが1%は可能性があります。

だからこそ、実際に起こった同時多発テロはニューヨークに旅行に来たなら一度は行って欲しい場所です。少し混乱される方もいますが先ほどの慰霊碑は無料で見ることができますが、911メモリアルミュージアムの建物に入るのにチケットが必要になります。

911メモリアルミュージアムの建物中は地下に進みながら鑑賞する設計になっており、911メモリアルミュージアムの展示品の中には同時多発テロがどのように起きたのかを動画と写真で紹介したり、実際に同時多発テロで遺品として残った物の展示や実際に亡くなった方の写真や脱走時に実際に使った階段など色々なものが展示されています。

どんな感じだったかは文末で実際に行ったレビューを写真付きで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

チケットの購入は購入はコチラから

911メモリアルのチケット販売中!

2018年9月よりニューヨークにある旅行代理店と業務提携し、今まで以上に安い金額でチケットを販売することができるようになりました!チケットの購入は購入ボタンからどうぞ

目次へ戻る

911メモリアルミュージアム内の写真

911メモリアルミュージアムに知り合いと何度も足を運んでいる経験者がよく彼らから質問されることをまとめましたので、是非911メモリアルミュージアムに行く前に目を通してください!

911メモリアルミュージアムのチケットは当日買わない方がいい

911メモリアルミュージアムのチケットを購入するのに待機している人たちの写真

911メモリアルミュージアムのチケットは当日911メモリアルミュージアムの横のチケットセンター(写真矢印)で購入も可能ですが、週末や観光客が多いシーズンでは911メモリアルミュージアムのチケットを購入するだけで1時間以上ならばないといけない場合があります。

911メモリアルミュージアムのチケットを購入するのに待機してる人たちの写真

コチラの写真は2017年末に911メモリアルミュージアムに行った際のチケットセンターの列に並んでいる人たちの写真になります。(写真矢印)多分1時間以上はマイナス10度の中で待機されていました。

911メモリアルミュージアムの建物に入る前に空港並みのボディーチェックをされます。その際に以下のものを所持していると入場を拒否される可能性もあります。

  • アルコール飲料
  • ペット(盲導犬などサービスアニマルを除く)
  • ガラスのボトル
  • 武器や爆発物
  • 20cm x 43cm x 48cm以上の荷物

911メモリアルミュージアムは空港のようにボティーチェックや靴や服なども脱がされる可能性もありますので、着脱が簡単な服装をして911メモリアルミュージアムに遊びに行きましょう!

また手荷物を預けたい方は911メモリアルミュージアムに入場して、インフォメーションカウンターの近くに荷物預けコーナーがありますので、そちらをご利用ください。

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムの外に展示してある公式アプリの広告の写真

911メモリアルミュージアムでは展示品に関する情報を日本語で紹介しているアプリを無料で配布しており、事前に以下のリンクからダウンロードしてもいいですし、911メモリアルミュージアム内の無料Wifeを利用してダウンロードすることもできます。

iPhoneの方

Androidの方

911メモリアルミュージアムが提供してる日本語対応の公式アプリ画面

上の画像が911メモリアルミュージアムのアプリを立ち上げた画面の写真で、911メモリアルミュージアムに展示してある全ての展示物の紹介はされていませんが、主要展示物に関しては紹介されています。

911メモリアルミュージアム内でレンタルしてるスマホオーディオの写真

また911メモリアルミュージアムの入り口付近にあるインフォメーションセンターでは有料(7ドル)になりますが、先ほどのアプリとほぼ同じ内容の日本語解説が聞けるスマホオーディオをレンタルすることができますが、レンタルする際にパスポートなどの身分証明書を預ける必要があるので、この日本語解説スマホオーディオをレンタルしたい人は身分証明書を忘れないように。

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムの中にあるニューヨークのお土産が帰るお土産屋の写真

911メモリアルミュージアムの建物内にはお土産コーナーもあり、911に関係するアイテムがほとんどですが、ニューヨークをテーマにしたアイテムも多くありました。

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

特に人気だったのが911メモリアルミュージアム限定で発売している「I love NY」のハートの部分が青色になった上の写真に写っているTシャツです。

他にも色々同時多発テロをテーマにしたお土産が売っていますので、それらのお土産については記事の文末で紹介します。

チケットの購入は購入はコチラから

911メモリアルのチケット販売中!

2018年9月よりニューヨークにある旅行代理店と業務提携し、今まで以上に安い金額でチケットを販売することができるようになりました!チケットの購入は購入ボタンからどうぞ

目次へ戻る

初めてニューヨーク行かれる方はタイムズスクエアの駅からのアクセスが簡単に911メモリアルに近い駅まで行けるので、初めて行かれる方はタイムズスクエアからがいいと思います。まずはタイムズスクエアの駅から赤のダウンタウン行きに乗って、Chambers St West Broadwayで降りてください。

そこからダウンタウンの方に8分ほど歩くと911メモリアルミュージアムに到着します。先ほどの無料で見られる慰霊碑もそばに2つありますので、そちらも見てください。

もし地下鉄のチケットの買い方がわからない方は「画像付き!英語が全くできない人でもご安心を!ニューヨークの地下鉄の切符を買う方法」の記事を参考にしてください。

画像付き!英語が全くできない人でもご安心を!ニューヨークの地下鉄の切符を買う方法の記事のアイキャッチ写真

画像付き!英語が全くできない人でもご安心を!ニューヨークの地下鉄の切符を買う方法

関連記事を読む

911メモリアルミュージアムのチケットを持って並んでいる写真

この記事では2017年12月30日に911メモリアルミュージアムの展示品を見に行った話を紹介するのですが、年末年始ということもあり、多くの観光客が遊びに来ていました。僕たちは人混みを考えて911メモリアルミュージアムのチケットをオンラインで購入して、人数分コピーしてから列に並びました。

911メモリアルミュージアムに入場するのに並んでいる写真

スタッフに1時からの入場できる911メモリアルミュージアムのチケットと説明したら「紙に記載のある時間に列に戻って来て」と言われたので1時に戻ると大混雑…スタッフに「どれくらい待つ?」と聞くと「1時間くらいかな」と。

当日の気温はマイナス10度で、体感はマイナス19度。この中1時間待ちました。

911メモリアルミュージアムの中にあるセキュリティーチェックエリアの写真

そんなこんなで外で1時間待機したら、次は空港並みのセキュリティーチェックです。空港同様に荷物をX線に通して、体もボディーチェックしてもらって、何もなければ通過する感じです。ここは15分ほどで通過できました。

911メモリアルミュージアム1階の写真

普通の美術館だと作品は何フロアーかに展示されており、もちろん1階、2階、3階と上のフロアーに展示物が展示されているが、911メモリアルミュージアムは反対で地下1階、地下2階と下のフロアーに展示物が展示されている。

なので、セキュリティーチェックを抜けると地下1階にガイドブックや音声ガイドの貸し出し(7ドル)があるけど、すでに911メモリアルミュージアムの公式アプリを入れている自分には関係ないので、まずは暖かい紅茶を飲みに唯一の上の階である2階へ。

911メモリアルミュージアムの2階カフェスペースの写真

2階のカフェスペースでは、100名くらい入れる広いスペースが確保されており、奥にカフェスペースがあり、このカフェでは紅茶やコーヒーなどの飲み物はもちろん、ベーグルなどの軽食も準備されています。

9911メモリアルミュージアムの中に展示されている国旗の写真

こんな共有スペースにも同時多発テロに関する展示品が飾られています。この国旗は実際に「世界貿易センタービル」で崩壊後に発見された国旗です。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている様々な国旗の写真

そして、1階から2階を見ると様々な国の国旗が飾られています。これは同時多発テロで亡くなった方々の出身国の一部の国旗が展示されています。まだ地下の展示品を見てないのに既に考えさせられる休憩タイムでした。

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムの中に展示されている鉄柱の写真

1階から地下1階に降りる階段部分でまず同時多発テロで「世界貿易センタービル」崩壊後に残った鉄柱が紹介されてます。写真でどのパーツか紹介されていますが、写真を見てどの部分か判断できるほどのビルを支えるメインの鉄柱だったと思われます。

911メモリアルミュージアムの中にある受付の写真

同じフロアーに音声ガイドとガイドブックを配っている受付があります。音声ガイダンスが7ドルで貸し出されているのはビックリしました、先ほども紹介した通り、事前に911メモリアルミュージアムの公式アプリケーションをダウンロードしておけば、無料で音声ガイダンス案内をしてくれます。

iPhoneの方

Androidの方

個人的には911メモリアル側が提供してる有料の音声ガイダンスを借りられることをオススメします。英語が苦手な方でもテロがどんな内容で行われたか知った方がいいです。

911メモリアルミュージアムの中にあるお土産屋さんの写真

そして、同じフロアーに911メモリアルミュージアムのお土産コーナーさんもあります。このお土産コーナーについては「911メモリアルミュージアムお土産一覧」でまとめていますので、そちらを参考にしてください。

911メモリアルミュージアムお土産一覧

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

そして、地下1階から2階に行くまでの間に時系列に事件を追って行けます。まず初めに目に入るのが冒頭でも紹介した同時多発テロが起こる16分まえの「世界貿易センタービル」の写真です。この後2001年9月11日8:46に起こった第1機目、続いて9:03に起こった2機目のアタックされて、崩壊しました。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

その先には実際に2機目が突入してから崩壊するまでに多くの傍観者の方の写真が紹介されていますが、自分が同じ場所にいても同じように口を開けているだけしかできないですね…

まさか彼らもこんなことになるとは思ってなかったはず。

それに多くの人がテロなんて自分には関係ないと思っていますが、今の世界情勢をみるとテロは誰の近くにも起こりうる可能性はありますし、実際に自分も展示品を見て、とても他人事には思えませんでした。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

そして、そのギャラリーを抜けると廃墟に最後まで残っていた鉄筋「スラリーウォール」が現れます。この鉄筋「スラリーウォール」がなかったからハドソン川の水がニューヨークの地下に流れていたと考えると怖いですね。地下2階に行くと間近でみることができます。ここを抜けると地下2階に行けます。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

ちなみにココで911メモリアルミュージアムが地下6階建てなことを知りました。

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

地下2階に行く間も911メモリアルミュージアムの展示品は続きます。この写真は通路の壁に実際に同時多発テロで亡くなった方の写真がランダムに表示されます。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

特に衝撃だったのが地下2階から3階に移動するこの階段です。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

この階段は同時多発テロが起こった際に実際に使われた階段です。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

この階段はテロが起こった際の状態の姿のまま展示されている階段でワールドトレードセンターのビルからこの階段を通って逃げ切ることができた人たちが生還者だったので、「生還者の階段」と呼ばれています。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

911メモリアルミュージアムの地下3階には古代ローマの詩人、ウェルギリウスの言葉があり、「どんな月日もあなたの記憶から消すことが出来ない」というキャッチコピーが大きく書かれています。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

その奥にはノースタワーの93-96階の飛行機が突撃した箇所の曲がってしまった鉄筋や、1機目の突入通報を受けてかけつけた消防車、待機していたところ、2機目が突撃し、ビルが崩落してきて写真のような姿になってしまった車両やノースタワーのトップにあったアンテナの鉄塔部分の炎上跡や炎上後のエレベーターのモーターもあります。

全ての展示品からテロの悲惨な結果と犠牲にあった方の気持ちが感じ取れます。

911メモリアルミュージアムの中に展示されている遺品の写真

一番衝撃だったのが亡くなった方の写真が一覧で飾られている写真撮影禁止のこの部屋。ここまでで充分見所が満載なのですが、この部屋は入るのが辛かったです。写真を見ると人種はもちろん、年齢もバラバラで、色々な思いの中亡くなったのを考えると胸が痛かったです。

まだ地下6階までありますが、今回の911メモリアルミュージアムの紹介はこれくらいにしますので、残りは楽しんでください!ニューヨークに旅行に来られる方は自分の目で同時多発テロのリアルを体感した方がいいと思いますし、新しい人生観が生まれると思います。

チケットの購入は購入はコチラから

911メモリアルのチケット販売中!

2018年9月よりニューヨークにある旅行代理店と業務提携し、今まで以上に安い金額でチケットを販売することができるようになりました!チケットの購入は購入ボタンからどうぞ

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムで発売されているお土産コーナーの写真

911メモリアルミュージアムのインフォメーションカウンターの真横に911メモリアルミュージアムお土産が売っているお土産コーナーがあります。

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

この911メモリアルミュージアムお土産コーナーでは同時多発テロに関連するお土産が売られており、特に上の写真の同時多発テロをテーマにして作られた「I love NY」のTシャツは多くの911メモリアルミュージアムに訪れた方が購入されていました。

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

911メモリアルミュージアム限定のアパレルデザインは他にも色々あり、上の写真のようなデザインや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

同時多発テロで無くなってしまったツインタワーがデザインされたアパレルや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

同時多発テロをきっかけに「今こそアメリカの国民は1つになろう」とキャッチコピーがデザインされたアパレルや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

911メモリアルミュージアムの地下のフロアーにも大きく書かれている古代ローマの詩人、ウェルギリウスの言葉「 No Day Shall Erase You From Memory” (いかなる日も、あなたを時の記憶から消し去ることはない)」がデザインされたアパレルや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

同時多発テロの時に大活躍した「NYPD(警察)」や「FDNY(消防)」のロゴがデザインされたアパレルや小物が販売されていました。

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

もちろん911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされた小物もたくさん販売しており、タンブラーや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

同時多発テロでお亡くなりになった方の名前で作られたアメリカ国旗や、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

911メモリアルミュージアムや「NYPD(警察)」や「FDNY(消防)」がテーマにデザインされた本のしおりや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

ツインタワーや911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされたポストカードや、

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

ツインタワーや911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされたワッペンなどが販売しています。

911メモリアルミュージアムで発売されている911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされているTシャツの写真

この記事で紹介したツインタワーや911メモリアルミュージアムがテーマにデザインされたお土産以外にも色々販売していますので、911メモリアルに行かれる方は是非このお土産コーナーもチェックしてください!

チケットの購入は購入はコチラから

911メモリアルのチケット販売中!

2018年9月よりニューヨークにある旅行代理店と業務提携し、今まで以上に安い金額でチケットを販売することができるようになりました!チケットの購入は購入ボタンからどうぞ

目次へ戻る

911メモリアルミュージアムのチケットを持っている写真

911メモリアルミュージアムに初めて行くと「こんなことが本当に現実世界で数十年前にあったのか…」と絶句してしまうほどの衝撃がありますが、私たち日本人もいつ同じようなテロが日本であるかわかりません。

だからこそ、実際にあった悲劇を911メモリアルミュージアムで見ることは生きる上で非常に大切だと自分は思います。

特に特設会場で上映されている当時の映像や実際に亡くなった方々の遺影が展示されているコーナーなどは「生きる」ことについて改めて考えさせられる展示コーナーでした。自分自身も既に4回911メモリアルミュージアムに足を運び、「生きる」ことについて考えましたが、また近々行きたいと思っています。

是非ニューヨーク旅行に来られた際は911メモリアルミュージアムに足を運んでください!

911メモリアルミュージアムのチケット販売&入場指定時間表

「9/11メモリアル・ミュージアム」 入場指定時間スケジュール & チケット料金
9/11メモリアル・ミュージアムへの入場指定時間 料金
9:00 AM

大人 (18歳以上) : $34

シニア(65歳以上): $28

子ども (7歳~17歳): $25

幼児 (6歳以下): 無料

9:30 AM
10:00 AM
10:30 AM
11:00 AM
11:30 AM
12:00 PM
12:30 PM
1:00 PM
1:30 PM
2:00 PM
2:30 PM
3:00 PM
3:30 PM
4:00 PM
4:30 PM
5:00 PM
5:30 PM
6:00 PM
6:30 PM (金・土曜日のみ)
7:00 PM (金・土曜日のみ)
ステップ1 ページ最下部にある「申し込みフォーム」から申し込みください。
ステップ2 1-2営業日以内にチケット購入可能か確認後、ご連絡を担当より差し上げます。その際にPAYPALから決済に関するメールが届きます。支払い方法については 「PAYPALの支払い方法」 をご確認ください。
ステップ3 チケット購入可能の場合は弊社よりメールにてEチケットを添付したメールをお送りします。Eチケットについては 「Eチケットについて」 をご確認ください。
ステップ4 渡米前に添付されたEチケットをコピーし、持参の上、渡米ください。フェリー入場時に提示が求められます。

※入場指定時間は9/11メモリアル・ミュージアムに入場する際の指定時間です。
※お時間に大幅に遅れますと入場できない場合がございますのでご注意ください。
※入り口は混雑する場合がございますので、お時間に余裕を持たれて行かれることをおすすめいたします。
※開館時間は9:00AM – 8:00PM(2015/1/2~2015/12/31の日曜日から木曜日。
※PayPalの支払いに関してコチラの記事を参考にしてください。

必須お名前

必須メールアドレス(モバイル不可)

必須大人 (13歳以上)

必須シニア(62歳以上)

必須子ども (4歳~12歳)

必須希望日時

必須希望入場指定時間

質問等

目次へ戻る

※この記事は2020/02/15に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。


Pocket

ニューヨークカフェマップを無料配付中!

下のフォームに入力すると上の写真のメールが届きますので、そのメール本文内に「ニューヨークカフェマップ」のアクセスURLが記載してあります。そちらのURLをクリックすると現在地から付近のカフェが検索できるカフェ一覧がダウンロードできるので旅行の際にお使いください。

は必須項目です。

お名前姓:名:
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp
都道府県
認証画像画像認証左の枠内に表示されている4桁の数字を入力してください。

私がこのブログを運営しています!

Kei | 小さなニューヨーカー
18歳でNYにハマって26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験したNY在住7年目。初NY旅行者向けブログ運営中。ゼロからのニューヨーク移住方法note, 旅 x 稼ぎ方垢→@nycityindex NY買付→@gmnyc_k

カンタン検索メニュー

カフェマップをダウンロードする