NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方の「悩み」を解決するキュレーションメディアです。

買い物

2018年版動画付き!チェルシーマーケットがお買い物天国と言われる理由を徹底解析


チェルシーマーケットが大好きなErica(@nygp_erica)です!

ニューヨーク旅行に来る人でニューヨーク名物「ロブスター」や「ブラウニー」などの有名な食べ物を食べたい方や帰国直前で時間がない中でニューヨークっぽいお土産を探している方にオススメしたいのが今日紹介するチェルシーマーケットです!

この記事は「チェルシーマーケット」とGoogleで検索して際にチェルシーマーケット内に入ってるニューヨーカーがオススメする最新オススメブランドの紹介のみの記事が多いですが、この記事ではそれらの情報も含めた「チェルシーマーケット全体」の紹介になりますので、記事はかなり長い記事になります。動画と写真と組み合わせた記事になりますので、是非ニューヨーク旅行に行かれる前に読んでください。

まずはチェルシーマーケットの特徴をざっくり紹介してから、チェルシーマーケット全体の説明を細かくしたいと思います!

人気な理由は「最新のニューヨーク」をチェルシーマーケットだけで体験できること


chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットは1890年に元々オレオクッキーなどで有名なお菓子会社、ナビスコの工場だったこの施設を買い取って作られた場所なのですが、チェルシーマーケットに出店してるカフェやレストランなどはニューヨークを代表するブランドが多く、チェルシーマーケットに行くだけで「最新のニューヨーク」を体験できるからです。



Google Mapで見たらわかる通り、こんな1回でニューヨークが体験できるチェルシーマーケットは縦に長い作りになっており、チェルシーマーケットは日本でいう商店街の室内バージョンみたいな感じとイメージするとわかりやすいと思います。

そんなチェルシーマーケットを徹底分解するのですが、その前にチェルシーマーケとに行く人の中で「チェルシーマーケットに行く理由」を聞くと主に3つの答えが返ってきます。

  • ・ニューヨークらしい食べ物
  • ニューヨークらしいお土産
  • 観光名所で訪れる

まずチェルシーマーケット全体の紹介をする前に理解を深めるために、「チェルシーマーケットに行く3つの理由」を詳しく紹介したいと思います。

チェルシーマーケットならニューヨークらしい食べ物が食べられる


chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットにはニューヨーカーがオススメする最新のカフェやレストランが出店しています。どんなブランドがチェルシーマーケットに参加してるかというと、

  • Amny's Bread(エレニーズ ニューヨーク)
  • Fat witch bakery(ファットウィッチベーカリー)
  • Li-Lac (チョコレート屋さん)
  • Sarabeth’s bakery(サラベスベーカリー)
  • Chelsea Market Baskets(チェルシーマーケットバスケッツ)
  • Artists and flea(アーティストアンドフリー)
  • The Lobster Place(ロブスタービスク)

など、まだまだ色々なブランドがチェルシーマーケットに出店しています。世界的に人気のブランドが参加しており、上のリストでも紹介したAmny's Breadのパンはニューヨークの5つ星の多くのレストランで使われている人気のパン屋さんが出店していたり、

chelsea-market-new-york

このFat witch bakeryは太った魔女のキャラクターが特徴的な、濃いめチョコレート風味が美味しいブラウニーで有名のブランドで、元々は創業者のパトリシア・ヘルディングさんがニューヨークの金融街で毎日寝ないで仕事をしているときに同僚に息抜きに母親直伝のブラウニーをプレゼントしたのが始まりだったりで日本にも2016年に京都にお店を出店して、日本でも話題になったお店が出店したり、

chelsea-market-new-york

The Lobster Place(ロブスタービスク)目当てでチェルシーマーケットに行かれる方も多く、このThe Lobster Placeは新鮮な牡蠣やクラムチャウダーやロブスターの量り売りで有名で、よくニューヨークの観光雑誌にもチェルシー特集には必ず紹介されている店です。

チェルシーマーケットならニューヨークらしいお土産が買える


chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットにはニューヨークらしい商品を扱っているお土産屋さんが多く、ニューヨークのお土産を目当てにチェルシーマーケットに来られる方も多いです。詳しい詳細はあとで紹介しますので、ざっくり「食べ物系のお土産」と「それ以外のお土産」の紹介をします。

chelsea-market-new-york

例えば、食べ物系のお土産だと1923年創業のニューヨーク老舗のチョコレート屋さん「ライラックチョコレート」はお土産で人気です。「ライラックチョコレート」を提供するLi-Lacはブルックリンに工場を持っており、「つねに新鮮なチョコレートが手に入る」というポイントが高く評価され、ニューヨークで生まれてからずっと愛され続けるお店です。

chelsea-market-new-york

Li-Lacのチョコレートは量り売りで購入することもできますし、

chelsea-market-new-york

ニューヨークをテーマにしたキングコングのチョコなども販売しています。だいたい5-7日で腐ってしまいますので、お土産で購入される方はご注意を。

chelsea-market-new-york

食べ物以外にもお土産としてチェルシーマーケット限定のTシャツやパーカーや

chelsea-market-new-york

料理系のツールがたくさん売ってるお店では割烹着も販売しています。

chelsea-market-new-york

またチェルシーマーケットの10av側には「ブルックリンでお土産を買うなら週末限定開催されてるArtists&fleasに行こう」でも紹介した、Artists&fleaもチェルシーマーケット内にあります。

ブルックリンでお土産を買うなら週末限定開催されてるArtists&fleasに行こうの記事のアイキャッチ写真

ブルックリンでお土産を買うなら週末限定開催されてるArtists&fleasに行こう

関連記事を読む


Artists&fleaではオリジナルデザインモノやハンドメイドキャンドル、ジュエリー、その他などが販売されていて、実際に作った人が販売していることもあり、店頭では商品について説明を聞くこともできます。

chelsea-market-new-york

特に可愛いのが色々なメッセージが書かれた写真の小さなカバンのお店です!

このお店で販売されている商品もあとで動画で紹介します。

チェルシーマーケットにある観光名所を味わう




チェルシーマーケットは工場の跡地を使って作られた話は冒頭でしましたが、元々チェルシーマーケットは期間限定で作られたのですが、人気からいつのまにか常設になったと言われています。

chelsea-market-new-york

例えばチェルシーマーケットの中には小さな滝があり、ここには多くのコインが投げ込まれており、このお金は全部寄付に使われるみたいです。お金を投げるために滝があるというよりか、以前工場だった何もなかった場所にこのような仕掛けを入れ込んで、観光名所にするあたりがすごいですね!

chelsea-market-new-york

またチェルシーマーケット内にはエレベーターが設置されており、チェルシーマーケットの上のフロアーにはオフィスとして使われていたり、アメリカの人気チャンネルであるフードチャンネルのスタジオとして使われていたり、大人気ユーチューバーのみが使えるというYoutuber Spaceがありますが、一般の方は立ち入りできません。



チェルシーマーケット全体を徹底解析


chelsea-market-new-york

チェルシーマーケット全体をニューヨークに行ったことない方でもイメージできるように紹介するのですが、ちょっとtwitterで動画を紹介するには分割をしないといけなかったので、分けて、チェルシーマーケット全体を紹介します!

また、最後にはチェルシーマーケットで人気のお土産コーナーで先ほども紹介した「Artists&flea」の中にある、可愛い小物入れ屋さんを動画で商品を紹介しますので、ニューヨークのお土産を探している方も参考にしてください。

お土産何買えば...?そんなあなたに私がニューヨーク好き女子に喜ばれる定番お土産を教えましょう!の記事のアイキャッチ

お土産何買えば...?そんなあなたに私がニューヨーク好き女子に喜ばれる定番お土産を教えましょう!

関連記事を読む


チェルシーマーケットの中はこうなっていた!



まずは9Avの入り口からチェルシーマーケットに入った様子を動画で紹介していますので、まずは動画を見てから下の記事を読んでもらうとイメージがつきやすいと思います。

chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットの建物内に入ると建物内は日本で言う「商店街」のように色々な店が通路横に出店しています。

chelsea-market-new-york

もちろん、出店しているブランド以外にもチェルシーマーケット建物内にはデリもありますし、

chelsea-market-new-york

ATMもありますので、現金が必要な方はおろしてください。もし現金が怖い人は「海外旅行ならクレジットカードよりプリペードのマネパカードが断然お得な理由と申し込み方法紹介」で紹介したデビットカードのマネパをご利用ください。

海外旅行ならクレジットカードよりプリペードのマネパカードが断然お得な理由と申し込み方法紹介のアイキャッチ写真

海外旅行ならクレジットカードよりプリペードのマネパカードが断然お得な理由と申し込み方法紹介

関連記事を読む


chelsea-market-new-york

まずチェルシーマケット建物内に入ると全米に展開するニューヨーカーに人気の洋服&雑貨屋「Anthropology」があります。このブランドは常時洋服のセールコーナーがありますので、格安で素敵な洋服にも出会えるかもしれないので、是非チェックしてください。

chelsea-market-new-york

もしニューヨークっぽいお土産を探している人はAnthropologyで取り扱っているイニシャル系アイテムはオススメですし、他にも小物系は食器が多いですが、色々ニューヨークっぽいものが販売されています。

chelsea-market-new-york

ロウアーイーストで開業から100年間アーティストに愛され続けるMOSCOTでメガネを探しに行きました」で紹介した、1915年にニューヨークで生まれたメガネの店なども出店しています。

ロウアーイーストで開業から100年間アーティストに愛され続けるMOSCOTでメガネを探しに行きましたのアイキャッチ写真

ロウアーイーストで開業から100年間アーティストに愛され続けるMOSCOTでメガネを探しに行きました

関連記事を読む


chelsea-market-new-york

チェルシーフリーマーケットの入り口を抜ければ、様々なワインを揃えているChelsea Wine Vaultがあります。

chelsea-market-new-york

国ごとにワインボトルが分かれていますので、何かお好みがあれば。

chelsea-market-new-york

ニューヨーク在住者の日常品の確保はワインだけではなく、部屋に飾る用の植物や花なども販売しています。

chelsea-market-new-york

先ほど紹介したFat witch bakery(ファットウィッチベーカリー)もチェルシーマーケットを入ってすぐにあります。数年前までは日本で手に入れることができなかったので人気がありましたが、今は日本でも手に入るブラウニーになります。

chelsea-market-new-york

定番のブラウニーも色々な種類を販売しています。

chelsea-market-new-york

店の奥では実際にブラウニーを作ってる過程を見れることもあって、今でも日本人でニューヨークお土産にブラウニーを買いにくる人がたくさんいます。

chelsea-market-new-york

先ほども書いた通り、Fat witch bakeryは日本に2016年に京都に進出し、日本との関係が深いこともあり、店頭には日本語の案内表がありました。

chelsea-market-new-york

ブラウニーミックスなど小分けでお土産で配りやすいお土産もあるので、チェックしましょう!


Fat witch bakeryを抜けると「ニューヨーカー、一押しのお店」が密集してるフードコートペースがあります!こちらもフードコートの動画をまずは見てください。

chelsea-market-new-york

まずは先ほど紹介した1923年創業のニューヨーク老舗のチョコレート屋さん「ライラックチョコレート」はこのフードコートの入り口の付近にあるので、見つけやすいと思います。

chelsea-market-new-york

イタリアのサンドイッチ屋さんの「Cappone’s Salumeria」が先日チェルシーマーケットに出店しました。この店の特徴は注文してから生ハムをスライスして、その場でサンドウイッチを作ってくれます!

chelsea-market-new-york

最近話題なのがSeed + Millというイスラエルやアラブ諸国の伝統的なゴマを原料にしたケーキっぽいがヘルシーで健康にいいということでニューヨーカーの間で話題です!

chelsea-market-new-york

さらにグリテンフリーなど健康にうるさいニューヨーカーが反応しそうな新しい食べ物なので、日本ではなかなか食べれないので旅行でニューヨークに来られた方は一度食べて見てください!

chelsea-market-new-york

フードコートの奥には食べるスペースが用意されています。


チェルシーマーケットの奥に進みます!まずは動画を見てください!この動画はチェルシーマーケットの出口までの動画になります。

chelsea-market-new-york

先ほどのフードコート抜けるとすぐあるのが先ほども紹介したニューヨークにある5つ星レストランで使われているパンを供給してるAmny's Breadがあります。このAmny's Breadはベストベーカリーショップランキングに常に名前の挙がるほどの人気店で、チェルシーマーケットないにはAmny's Breadの工場もあります。

店内には食べるスペースもあるので、もしAmny's Breadのパンがどれくらい美味しいか知りたい人は食べて見てください。



次にチェルシーマーケットに来る人の中で人気が高いのが、先ほども紹介した新鮮なロブスターが食べられるThe Lobster Placeです!

chelsea-market-new-york

The Lobster Placeでロブスターをオーダーすると皿の上にロブスターが乗っている状態でくるので、あとは身をほじくり出して、食べる感じです。なかなかワイルドな食べ方です(笑)

chelsea-market-new-york

他にも濃厚なオイスタースープが売っていたり、

chelsea-market-new-york

日本の倍以上の値段で販売しているお寿司なども売っています。

chelsea-market-new-york

The Lobster Placeで販売している食べ物は比較的全て高いですが、全て新鮮な魚介のみを販売しているので、このくらいの値段になってしまうのもしょうがないです。

chelsea-market-new-york

このThe Lobster Placeの向かいには奥行きのある数店舗の店が入ってるスペースがあります。
(写真左手)



まずは上のツイート動画を見て、このスペース部分のイメージを掴んでください。

chelsea-market-new-york

このスペースの入り口を入るとハイラインの階段をイメージした休憩スペースがあります。週末などはチェルシーマーケット内も混雑するので、サクッとお茶を飲むくらいなら階段の椅子でいいですね。

chelsea-market-new-york

オリーブオイルやビネガー、塩などのテイスティングが出来るお店Filling Stationも入っており、特にFilling Stationで販売してるクラフトビールは美味しい&種類がたくさんあるので、お酒好きな人はチェックしてください!

chelsea-market-new-york

このスペースで一番気になったのがBeyond Sushiという、ビーガンの人たちのためのお寿司で、

chelsea-market-new-york

白米以外にもビーガンの人たちの主食の種をかわりに使ったりと日本人の文化と異国の文化が混ざった寿司が食べれるのが話題になっています。

chelsea-market-new-york

そして、チェルシーマーケットを奥に進むのですが、実はチェルシーマーケットにはトイレは地下に1箇所しかありません。

chelsea-market-new-york

光の関係で反対方向からの撮影になりますが、「Chelsea Local」と書いてある矢印の先に下に降りる階段があります。

chelsea-market-new-york

この階段を降りると地元ニューヨーカーの買い物スペースとして使われています。

chelsea-market-new-york

例えば「Chelsea Local」には小さなスーパーマーケットや、

chelsea-market-new-york

美味しそうな高級のお肉たちも販売しています。

chelsea-market-new-york

お手洗いも階段を降りるとすぐに「Restroom」の文字が床に見えます。

chelsea-market-new-york

またチェルシーマーケット内で使えるギフトカードもあるので、ニューヨーク在住者の方にアテンドなどしてもらったら、このギフトカードを渡したら喜びますよ!

chelsea-market-new-york

地下からチェルシーマーケットのメインのフロアーに戻ると次に見えるのは日本でも有名な「ニューヨークの朝御飯の代表」のSarabeth's(サラベス)です。

chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットに入っているサラベスは調理場がガラス張りになっており、どのように作られているか外から見ることができます。

chelsea-market-new-york

人気のサラベスのオリジナルジャムや

chelsea-market-new-york

サラベスのオリジナルコップなども販売していました。ニューヨークのお土産にいいかもしれないですね!

chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットのサラベルの店内は狭いですが、この日も多くのお客様がいました。

chelsea-market-new-york

店内の席数は少ないですが、店の外にも机が出してありますので、そちらも使えます。

chelsea-market-new-york

サラベスの向かいにあるのがプロの料理人も買いにくるキッチン用品を販売している「bowery kitchen supply」です。

chelsea-market-new-york

キッチン用品以外にも可愛いトートバックなどニューヨークのお土産にできそうな商品がたくさんあります。

chelsea-market-new-york

そして、チェルシーマーケットで一番人気のニューヨークお土産やさんといえば「Chelaea Market Baskets」です!

chelsea-market-new-york

「Chelaea Market Baskets」ではチョコレートやクッキーなどの量り売りで販売しているものもあり、小分けにしてお土産をあげたい人にはピッタリのお店です!

chelsea-market-new-york

もちろん食べ物以外も取り扱っており、例えば定番のニューヨークマグネットや

chelsea-market-new-york

世界の人気蜂蜜ブランドの蜂蜜や、

chelsea-market-new-york

ニューヨークをテーマにした文房具や、

chelsea-market-new-york

トランプ大統領の人形まで売っていました(笑)

また「Chelaea Market Baskets」で販売しているお土産については別で記事を書きますので、お待ちください!

chelsea-market-new-york

そして、最後はチェルシーマーケットの奥にある「ブルックリンでお土産を買うなら週末限定開催されてるArtists&fleasに行こう」でも紹介した個人フリーマーケット「Artists&fleas」です。



ブルックリンのArtists&fleas同様に色々な個人アーティストがいましたが、ブルックリンのArtists&fleasにも出店している可愛いバックを販売しているお店「Pamela Barsky」がチェルシーマーケットにも入っていました!

チェルシーマーケットはお土産と食べ歩きに最適


chelsea-market-new-york

チェルシーマーケットの全体図を紹介している記事が少なかったので、長文になってしまいましたがチェルシーマーケット全体をこの記事では紹介しました!この記事を読めば、チェルシーマーケットは攻略したも当然!

帰国直前でニューヨークのお土産が決まってないかたやニューヨーカーの間で流行ってる食べ物が食べたい人はチェルシーマーケットに行きましょう!

インフォメーション


75 9th Ave, New York, NY 10011

オススメ度 : ★★★★★
住所:75 9th Ave, New York, NY 10011
営業時間:7時00分~21時00分(営業時間変動あり。詳しくはHPを見て下さい)
最寄り駅:14st (ACE線)
WIFI:なし
電源:なし
トイレ:あり
ホームページ:http://chelseamarket.com/

※この記事は2018/02/08に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

Pocket


関連記事