NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方、初めてニューヨークに留学する方のためのキュレーションメディアです。

留学

youは何しにニューヨークへ?:加倉井 久里朱(マルチダンサー)


ニューヨークに留学に来る留学生って何かしら夢を持ってくる人が多いです。そんな彼らにニューヨークでの実際の生活や経験などをシェアしてもらおうと思い、留学生だけにインタビューを取ってみたいと思います。

1172447_639029909455429_1193915161_o
人物紹介:加倉井 久里朱
幼少からクラシックバレエを始め、モナコ公国のプリンセスグレース王妃モナコバレエアカデミーにダブルスクールし、モナコ国際大会にて最優秀スカラスップ賞受賞。日本とモナコ公国を行き来し多数舞台に出演。帰国後美術大学に通いながらオーディションを突破し数々都内の舞台に出演。デザイナーとして就職後、東宝芸能事務所に所属し大手舞浜テーマパーク、企業パーティー、CM、映画に出演。ダンスチーム“Q”を総合プロデュースし「Movement dance festival in Naeba」野外ダンスフェスや、六本木ヒルズ「スカイアクアリウム」PV、AK-69ツアーダンサー等に抜擢。 “WOMB” “FIAT SPACE”等都内各所でレギュラーeventを多数もつ。渡米後NYで「Chrisy in da house」を主催し、毎月ショーを発表。「Comicon new york2014」ヴォーカロイドのIA に抜擢され、NYと日本のアニメメディア各誌に取り上げられ話題となる。Jazz Roots Dance companyに所属し、NYの舞台に多数出演し、2015年9月、Liza Minnelli, Ann reinking等ブロードウェイスターが出演する「30th anniversary pearl jubilee」、そのほか数々のパフォーマンスにメインダンサーとして出演予定。


今日はよろしくお願いしますねー!そもそもなんで留学に来たんですか?

久里朱:ミュージカルChicagoに出たくて来ました!その振付け師でもあるBob Fosseのスタイルがとても好きで、そのスタイルを身につけたくニューヨークを選びました。

『シカゴ』(Chicago )は、ジョン・カンダー作曲、フレッド・エッブ作詞、フレッド・エッブおよびボブ・フォッシー脚本によるアメリカ合衆国のミュージカル。禁酒法時代のイリノイ州シカゴを舞台に、記者のモウリン・ダラス・ワトキンスが調査した実際の犯罪および犯罪者を題材にした演劇『シカゴ』を基にしている。物語は刑事司法陣営の政治腐敗の風刺および著名な犯罪者の概念について描かれている。https://ja.wikipedia.org/

大手舞浜テーマパークって、あの大手舞浜テーマパークですか?

久里朱:テーマパークダンサーを主にしながら東宝芸能事務所からお仕事頂いて、いろいろやらせて頂きました。昔からミュージカルシカゴがずっと好きで、sexyでしびれるような美しさに魅了されたんです。そして色々調べたところBob Fosseさんが振付けをしていて、ネットで調べる中で彼の作品に魅了されたんです。その作品の中でブロードウェイシアターダンスっというジャンルに出会ったんです。どんなダンスかというとハットとステッキでウキウキ歌いながら踊るような感じのダンスです。そしてブロードウェイシアターダンスを学ぶ中で「ブロードウェイシアターダンスがやりたいーーー」って思ってたら、舞浜テーマパークにそういうショーを毎日やってのを知り、ブロードウェイシアターダンスが踊りたくてオーディション受けました。ですが、テーマパークでは他の素敵なショーに出会いハットステッキでは踊れなかったです。「じゃーもう本場のニューヨークでそのスタイル学んじゃえばいいじゃん!」と思って、ニューヨークに留学することを選びました!

選択肢はニューヨークだけだったの?

久里朱:イギリスに行った方が早くブロードウェイシアターダンスの仕事になるとアドバイスも頂いたんですが、結局ニューヨーク発祥なのでイギリスでニューヨークの物を勉強するのも違うなって思ってニューヨークにしたんです。あとはスキルがついたらヨーロッパでも挑戦したいなーと思っています。

けど、実際に勉強したからってブロードウェイで踊れるわけではないでしょ?

久里朱:もちろんです!だけど、今回の留学を決める前に3ヶ月観光ビザでニューヨークに来たんです。その時はこのままダンスを続けるか、やめるか迷ってたんです...だけど、帰る前に”シカゴ”のオーディションを受ける機会があったんです。その時にすごく遠くに感じてたミュージカルの舞台がとても身近に感じたんです。それにオーディションに参加されてた人達も色々なタイプの方がいて、「ニューヨークにいたらこういうチャンスがたくさんあるんだ、夢の人達に自分のダンスを観てもらえるんだ!」と、なんだか夢への可能性を再確認できました。

そんな日本のクラスとは違ったのですか?

久里朱:日本ではシアタージャズってクラスがほぼないんです。だけどニューヨークではシアタージャズのクラスがたくさんあり、実際にブロードウェイミュージカルに出ている方々が先生をやられるんです。しかも日本ではなかなか受けられないようなクラスが20ドル弱で受けられるんです!ニューヨークに来たときはシアタージャズのクラスが自分がやりたかったダンスかわからなかったですが、クラスを受けている間に「あれ?これ私がずっとやりたかったダンスじゃないの?」って思い始めたんです。

なるほど。では、旅行から帰国してから留学をしよう!と思って、渡米するまでは時間はかかりましたか?

久里朱:決断してからは早かったですね。元々日本でダンスを仕事にしたので、一日の多くの時間をずっと好きな仕事詰めてやっていたので、私生活の中でお金を使うタイミングが日本ではあまりなかったんです。なので貯金はありました。それに3ヶ月観光ビザでニューヨークを見ていたので、ニューヨーク留学への迷いはなかったです。 でも始めてのニューヨーク生活ということもあり不安やお金不安もありました。なので周りには「6ヶ月だけニューヨークいってくるね!」って言って飛び出してきましたが、そのままニューヨークに今もいます。笑

よくある話ですね(笑)実際にニューヨークに来て、始めはどんな生活をしてましたか?

久里朱:とりあえず語学学校にいきました。ダンス学校は語学学校とは別で色んな学校行きたかったんで、言葉の勉強を語学学校で学びながら色々なダンスのクラスを取ることはすごいよかったです。語学学校に行くことで結構自由に時間が使えることを知りましたね。

語学学校ってどれくらい自由な時間が1週間のうちにあるんですか?

久里朱:うーん...学校によるけれども、私は平日、土曜は朝から昼までは学校で、そこからは自由な感じです。結構私の学校はビザキープの学校というよりか、勉強をする学校でした。

結構厳しい学校ですね。なんでもっと緩い学校を選ばなかったんですか?

久里朱:やっぱり語学が出来ないと外国人とのコミュニケーションが取れないですからね。あと語学学校に行くことでダンスだけの知り合い意外の友達が作れるのもありました。もしビザキープで学校にいかなくてもいいってなると友達がダンス関連の友達しか出来ないのはとても勿体ないですね。

けど、ダンスに関係する情報のほうがいいのでは?学生なんて良い情報なんて持ってなさそうだけど

久里朱:いや、意外にダンサーより良い情報持ってたりとかするんです!人の繋がりってすごくてニューヨークってどこの国からもチャレンジャーとして来てる人が多いので、色々な情報が色々な場所から得られるんです。人脈ってすごいですよ!

ニューヨークって人を繋げてくれる街ですよね。

久里朱:ニューヨークの素晴らしい部分の1つがすごい人と気軽に会えることだと思うんです。だからこそ、ダンサーだけの中で情報交換するよりも、多くのジャンルの人達から情報交換したほうが、違った目線からの情報や人脈に出会えます。友達の奥さんがブロードウェイの脚本家とか女優とかよく聞く話です。こういう出会いがたくさんあるのは世界でニューヨークだけだと思いますね!これはニューヨークに住む特権ですね!

なるほど。実際に誰かすごい人会ったことあります?

久里朱:ブラピに会いましたね!普通に道で会いました(笑)あとエクザイルがタイムズスクエアでPVを撮影しているところに遭遇したんですが、始めはエクザイルってわからなかったです(笑)それくらいニューヨークってオーラが溢れる町なんだと思います。あと初めでも話したんですが、シアタークラスの先生が普通に超一流の方で20ドル前後で受けれるのもありえないです!私からしたら尊敬する人達ばかりですからね...ニューヨークすごい。

少し話は変わるんですが、ニューヨークの恋愛について聞きたいです...実際どうですか?(笑)

久里朱:恋愛ですか〜...私が思うに日本人はチヤホヤされやすいですね。多分理由としてはアジア人の女性は他の国の女性に比べて男性について行き易いのもあると思います。多分映画とかの影響で外人に惚れやすくなってるのもあると思います。実際周りの外人にも「日本人は簡単にひっかかるね」って言われたことあります。あとは褒められる文化は日本はないので、その免疫もないのも理由の1つだと思います。外人の「可愛い」って言葉は「おはよう」というレベルと同じレベルですからね(笑)

じゃあ、なかなか恋愛出来ないの?

久里朱:恋したときがその時ですよ!やってみなきゃ分からないし(笑)痛い目あったら、お勉強と思って次にいったら良いと思います。

やっぱり外人とのコミュニケーションとるのに英語って必要なんですか?

久里朱:できた方がいいかもだけど、来てからも英語は学べます。それが例え学校行かなくても、language exchangeで友達作って英会話勉強できし、恋人が出来たら恋愛と英語が一緒に楽しめちゃいますよ!私は、ネットフリックスで、ラブコメを字幕英語にして勉強してます。

英語より環境を作るほうが大切なんですね。あと留学したことないからわからないんですが、留学中に日本人同士のトラブルが多いって聞くけど本当なの?

久里朱:日本人同士のトラブルか...あまり私は聞かないですが知り合いの知り合いのカップルでグリーンカードを抽選して結婚したけど、結局面接で取得する事は出来なくなり無効、結局離婚したって話は聞いた事あります。

え?抽選で当たって無効なんてあるの?

久里朱:結局グリーンカードの当選って当選者全てが貰えるんじゃなくて、数が若い順から期間内で面接をして、通った人しかグリーンカードは貰えないんです。当選はしたんですが面接でダメだったんでしょうね。それで離婚って言うのも悲しいですが...

グリーンカードだけの愛ってやつだね。

久里朱:これは日本人だけじゃなくて、アメリカ国籍をもった男性が日本人女性を口説く時に使うよくある手ですよ。彼らはグリーンカードがどれくらい私たちが欲しがってるか知ってますからね。

では、ニューヨークって治安悪いと思いますか?

久里朱:うーん...東京と変わらないと思う。危ない事件は日本でもたくさんありますしね。だけど、銃は怖いです。実際知り合いで銃で撃たれた人知っていますが、それは何年も前の話で今は改善されて東京と同じくらいの危険度の町だと私は思っています。実際私が住んでるクイーンズも安全で素敵な町ですよ。

じゃあ、もしお金が死ぬ程あったらどこに住みますか?

久里朱:え〜チェルシーかな...

チェルシー?理由は?

久里朱:実はバレエ留学でフランスに住んでいたことがあって、ヨーロッパの文化や建物、センスにとても魅了されてたの。だから「いつかまたヨーロッパに住みたい!」と思っていて。だけど、自分のやりたいことがニューヨークにあったからニューヨークに留学に来たんだけど、好きなものは好きで。チェルシーの町並みは空気感がなんとなくヨーロッパ系に似てる部分がたくさんあるから好き。気分だけでもヨーロッパを感じたい...

え!ヨーロッパが好きなんだ(笑)ニューヨーク関係ないじゃん(笑)

久里朱:いや、本当にヨーロッパ好きなんです!だから将来の未来像としてはヨーロッパ生まれでアメリカでバリバリ働く人と人生ともにして、なんかあったらすぐにヨーロッパに行けるようなプランを妄想しています(笑)これでわかる通り、本当にニューヨークは学びたいことがあって来ただけって感じなんです(笑)だからチェルシーでフランス人なんて見かけた時には...かなりテンション上がってます(笑)

けど実際会えないでしょ(笑)

久里朱:いや、出会いますよー笑!ニューヨークは色々な文化を持つ人が小さなマンハッタン島に集まっているのに、彼らが持ってる文化を崩さないで生きている場所なんです。だから、ニューヨークにいるだけで色々な文化の人に会うことが出来るんです。だから中にはフランス生まれで、今仕事でニューヨークに来てるだけで、いつかはフランスに帰らないと行けない人もいるんです!そんな人が理想です(笑)

そんな人が見つかったら最高ですね!

久里朱:だけど、私もやりたいことがあってニューヨークに来ているんで、自分自身の夢は自分で必ず叶えます。最終的にヨーロッパに住めればおkなんで(笑)

ニューヨークとヨーロッパそんなにも違うものなんですか?

久里朱:うーん、エンタメの世界で考えるとニューヨークはぶっちぎりで1位だと思います。「ここまでやっちゃう?」って思うよなことでも色々な人が参加して、最高のエンタメに変えちゃう力があるんですよね。これぞアメリカンスタイル!ですね。それが面白いんですよね。

なんか大手舞浜テーマパークとその部分は似てますね

久里朱:たしかに!ショーによって異なりますけど、例えばすごい難しいステップを踊ることを目的にしてるんじゃなくて、目の前にいる人たちを喜ばせる為に踊っている部分とかは似ていますね。もちろんニューヨークはエンタメの町と言われてるだけあって、スキルがないと表には立つことはできないですけどね。だけど、スキル以上に笑顔や見た目など少しの身振りがすごい重要視されますね。それはテーマパークと共通してる部分ですね。

結構ハードですね。ニューヨークにきてからもスキル部分意外を鍛える努力してるんですか?

久里朱:地下鉄の電車の中で窓の前に立った時とかは表情を作る練習しています。練習しないと頬の筋肉が弱くなって、イキイキしなくなりますからね!あとはボディコンディデョニングで、YOGAやジャイロ、ピラティス、様々なストレッチをやることで呼吸の意識や精神的に落ち着く時間なども作っています。ニューヨークにいると刺激溢れる町だからこそ、自分自身が疲れているとか、キャパオーバーってわからなくなってしまうんです。だけど、深く呼吸する動きにより自分自身と対話をする時間が作れました。日本では重要視してなかったですが、やってよかったって今は言えますね!

体を定期的に動かすことは大切ですね。元々そういうクラスがあるのは知ってたのですか?

久里朱:元々は学校の授業数を取らないといけないってので「ストレッチって楽そう」って思って取ったことがきっかけなんです(笑)なんで始めは授業の一環でやってただけなんですが、授業が終ってをやらなくなったら怪我とか体調不良とか続いちゃって、その時にボディーコンディショニングのすごさは知りましたね。だけどニューヨーカーってみんな結構デトックスしてるとよく思いますね!

なんでそう思うの?

久里朱:モデルの友達とか見ててもヨガとかジャイロやってるって言いますし、ニューヨークでもフリーでヨガを受けれるイベントとかもたくさんあります。フリーなのもあるかもしれないですが、凄い数の人が来ますからね!呼吸をすることを忘れがちなニューヨークだからこそ、エクササイズを通じて呼吸の大切さは実感しましたね。

無料でそんなクラスがとれるんだ!ニューヨークって家賃を始め、物価が日本よりかなり高いからね...

久里朱:いや、私の場合は家賃でいうと日本よりも安く、広い所に住んでいるんですよ(笑)クイーンズの少し奥なので交通の便は少し悪いかもしれないですが「なるべく安く」をテーマに家を探したので、今の家で満足しています。

家はどうやって探したの?

久里朱:3ヶ月旅行で渡米したときは知り合いもほぼいなかったので、とりあえずゲストハウスに3ヶ月住んでました。だけど、今の家は友達からの紹介で、タイミングよくルームメイトが帰国したので、その家に入居させてもらったかたちです。

家賃以外の生活費はどう?

久里朱:高い(笑)外で食べる時とか本当に高いと思う。だから私はわりと自炊します!だけど、せっかくニューヨークにいるんだから、ニューヨークを味わう為にカフェとかはよく行きます。自分投資と思って!

どこのスーパーがオススメですか?

久里朱:地元ならチャイニーズ関連は安いけど、内容がよくない!野菜はメキシカンのスーパーで、他はチャイニーズで購入しています。マンハッタン内に日本人専用のスーパーマーケットあるんですが、同じ商品でも地元のチャイニーズで買ったほうが安いケースもあるんです。だけど、安いだけじゃやっぱり満たされないので、「良い物食べたいな!」って時はWhole Foodsに行きます(笑)

ホールフーズ・マーケットは、テキサス州・オースティンを本拠とする、アメリカ合衆国のグロサリー・ストアチェーンである。 アメリカ合衆国を中心に、カナダとイギリスを含めて、合計270店舗以上を展開する。https://ja.wikipedia.org/wiki/

ずばり、ニューヨークで一番美味しかった外食は?

久里朱:え〜ウルフギャング・ステーキハウス!肉が好きなんで(笑)あと、自分でのご飯では、家でルームメイトとそれぞれ美味しい!って思う物を買いだしして、家で豪華バーベキューとかも大好き!三人で暮らしてて、chelsae market、whole foods、eatalyのスーパーにそれぞれ行って、いつも買わないような美味しそうな物を買ってきて、家でたしなむ...これ最高。

だけど、生活費とか考えるとかなり日本で貯金してから渡米しないと無理っぽいですか?

久里朱:私は滞在費2ヶ月分&学費あったらベストだと思います。決めきれないならとりあえず来てどうにかする!って気持ちで生きるのもありかと。実際に知り合いで5万円だけで来て、今はアーティストグリーンカードまでとった方もいますよ。生きる道なんてたくさんあります。それにもしどうにもなくなったら日本に帰ればいいと思います。それぐらいラフに考えて、やりたければやれるように知恵を絞るようにしたら最高のニューヨークライフがおくれると思います!

色々ありがとうございました!最後にこれから留学する人に一言下さい!

久里朱:まずは留学する前に1ヶ月でもいいからニューヨークに住んだほうがいいです!だけど、1ヶ月だと短いかもな...3ヶ月行ける人は3ヶ月!実際に住んでみて、どうやってみんなが住んでるのか自分の目で見ること。あとはやってみないと結果はわからないから、苦労するってわかってもチャレンジしたほうがいい。しんどいことが経験するからこそゴールが見えるんだと思う。今やりたいなら、挑戦しよう!ニューヨークは本当にチャンスがたくさん転がってるし、いきなり夢を掴んじゃうこともある街でもあるのは間違いない!なんでもやってみちゃおう!

DSCF7149

あともし良ければ9/28にブロードウェイのミュージカルスターのアワードのperformanceに今所属しているダンスカンパニーで出演する事になり、憧れのライザ・ミネリや、Ann Reinking 等数々の夢のスター達と同じ舞台に出演することになった、舞台です。是非遊びにきて下さい!

Facebookファンページはコチラ


加倉井 久里朱公式アメブロはコチラ



インタビューで使った場所は「AT PARK CENTRAL HOTEL横のカフェがお洒落!ニューヨークの朝ご飯ならTISSERIEへ」です


DSCF7148
https://ny-pg.com/food/tisserie/

57st(NQR)の駅を出て、AT PARK CENTRAL HOTELのすぐ横にあるTISSERIEを今回は紹介します!入り口に「TISSERIE」と書いてあるので、すぐにわかると思います。Wifi、トイレがあるカフェで、長く居座っても大丈夫。私は最高5時間いたことあります(笑)

[ 関連記事 ]

youは何しにニューヨークへ?:山口 大介(アプリ開発者)

情報なし、お金もコネもパフォーマンス道具も何も持たずに「ブルーマンになる」為にニューヨークへ

試行錯誤しながら作り上げる、世界で1つだけの帽子 ー 横山寛久が語るオリジナルを追求するハットメーカー 前編

絶対の答えがないから、挑戦し続ける ー 石川 信介が語る0から始めるニューヨークでの挑戦

夢の為に努力し続けて掴んだアメリカンドリーム ー中澤 利彦が語る、夢への努力は自分を裏切らない

※この記事は2015/07/27に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

Pocket

この記事を書いたのは...

誰も聞かないなら俺が聞く!   炎のレポーター

ニューヨークにいる面白い方のインタビューをし、記事に書き起こしています!まだまだ未熟ながら話して頂いたことはしっかり記事にする為、文字数の多いインタビューになりますが、最後までお付き合いして頂ければ嬉しいです。

最近書いた記事

炎のレポーターのプロフィールはコチラ

youは何しにニューヨークへ?:Shuichi Morimoto(ダンサー&ボディメイクトレイナー)

留学

メルマガ限定コンテンツ:僕が出来る事は感謝を伝えることと面白いと思ってくれる脚本を書くこと ー 近藤司が語る演劇にたいする気持ち 全編

メルマガ会員

youは何しにニューヨークへ?:加倉井 久里朱(マルチダンサー)

留学

youは何しにニューヨークへ?:山口 大介(アプリ開発者)

留学


この記事を書いた人

誰も聞かないなら俺が聞く!

炎のレポーター

ニューヨーク旅行初の方へ

自由の女神に初めて行く方のために書きました!自由の女神に行く方法とチケット予約販売


EricaがSNS担当してます!

ニューヨーク旅行に関する文章書いたり、こんなデートしたいって妄想したりする女の子


Ericaの個人的なtwitterだよ!毎日つぶやいてます♪フォローする
NY旅行初めて行く人向けに私がオススメの場所を紹介!フォローする
自由の女神