NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGは初めてニューヨークに旅行、留学、移住する方向けにニューヨークに渡米する方の役に立つWebメディアを運営しています。

ライフスタイル

【2019年版】ニューヨークで大麻(マリファナ)が合法化!日本人旅行客は吸っても大丈夫?


  • Wifiレンタル業者の広告画像
  • ニューヨーク観光名所一覧を紹介してるページのの画像

※2019/2/14 更新 大麻全米で解禁予定

どうも、元バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

ニューヨークに旅行で訪れたことがある方なら街中で大麻(マリファナ)の匂いを嗅いだことがある人が多いのではないでしょうか?実際にニューヨークでは普通に大麻(マリファナ)を吸ってる人が多いです。



そんな大麻と生活が近い距離にあるニューヨークでも2018年12月18日にニューヨーク州のクオモ知事は17日、嗜好(しこう)用としての大麻を2019年に合法化する方針を表明しました!

「なら、ニューヨークに旅行に行った時は大麻(マリファナ)を吸っても問題ない?」

と思う日本人の方もいますが、現段階では問題はない可能性の方が高いのでは?というのが個人的な意見です。

その理由は甲南大学法科大学院教授、弁護士でもある園田寿さんが「カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか」の記事で詳しく紹介していますので、そちらを確認ください。


また、2019/2/14にアメリカ合衆国上院で民主党の主導者である連邦上院院内総務を努めるチャック・シューマー議員がVICE Newsのインタビューに対して現地時間4月20日に連邦法で大麻を合法化する法案を提出することを明らかにしました。

これで全米で大麻が解禁されるのも時間の問題になりました。

この記事では園田寿さんの記事の一部とニューヨークでの大麻(マリファナ)の歴史について紹介します。



ニューヨークの大麻(マリファナ)の歴史


pexels-photo-1466335

アメリカで進行するマリファナ合法化の波は数年前からあり、コロラド、ワシントン、カリフォルニアでは医療用、娯楽用の大麻(マリファナ)が解禁されています。ニューヨークでも2014年6月19日に医療用大麻(マリファナ)の解禁があり、2018年4月20日にはマンハッタンの5番街に医療用マリファナ販売店(ディスペンサリー)がオープンして話題になりました。


2017年に国連世界薬物報告書(United Nations World Drug Report 2017)の大麻(マリファナ)使用率のデータを見るとニューヨークが世界1位消費率が高いというデータが出ており、冒頭にも書いたように街中の至るところで大麻(マリファナ)の匂いがしているからこの結果は正直驚かないというのが自分の意見です。

過去に「今年のニューヨークのトレンドコーヒー「マリファナ入りのコーヒー」を飲みにカフェイン・アンダーグラウンドへ」の記事で大麻(マリファナ)入りのコーヒーを販売しているコーヒーショップを紹介しましたので、こちらも興味ある方は読んでください。

今年のニューヨークのトレンドコーヒー「マリファナ入りのコーヒー」を飲みにカフェイン・アンダーグラウンドへの記事のアイキャッチ写真

今年のニューヨークのトレンドコーヒー「マリファナ入りのコーヒー」を飲みにカフェイン・アンダーグラウンドへ

関連記事を読む


自分の周りでも医療用大麻(マリファナ)が解禁になってからは嗜好(しこう)用大麻(マリファナ)の解禁は早いと騒いでいた矢先、2018年5月にニューヨークのビル・デブラシオ市長がニューヨーク市警(NYPD)にマリファナ吸引を理由にした逮捕をやめるように通告しました。

これでニューヨークで大麻(マリファナ)を吸っても「逮捕」ではなく「軽犯罪」扱いとして違反チケットを切るだけの処罰に切り替わりました。ちなみに違反チケットの支払いはオンラインで出来ます。

そして、2018年12月18日にニューヨーク州のクオモ知事は17日、嗜好(しこう)用としての大麻を2019年に合法化する方針を表明しました。

現在米清涼飲料大手コカ・コーラが、大麻成分の入った飲料分野への参入を検討していたり、マンハッタン市内でもCBD入りの商品を取り扱うカフェやデリが増えていることを考えると2019年に大麻(マリファナ)が解禁されれば今まで以上に大麻(マリファナ)が近くにある生活が当たり前になるライフスタイルがニューヨークでは一般的になることが想像できます。



日本人旅行者はニューヨーク旅行中に大麻(マリファナ)を吸っても大丈夫?


pexels-photo-395087

この解禁報道があってから色々な人から「自分がニューヨーク旅行に行った際は大麻(マリファナ)吸っても問題ないの?」と聞かれることがありますが、自分は弁護士でもないし、大麻(マリファナ)に特化した専門家でもないのでなんとも言えないのというのが正直な意見です。

今から紹介するのはYahoo Japanに寄稿されていた記事内容になります。大麻(マリファナ)の吸引を推奨しているわけではないので、ご理解ください。

ニューヨークでも大麻(マリファナ)を吸っても問題ないという意見



冒頭で紹介した甲南大学法科大学院教授、弁護士でもある園田寿さんはYahoo Japanに「カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか」という記事を2018年10月にカナダで大麻(マリファナ)が解禁された際に寄稿していました。

日本人旅行者や留学生がカナダに行って、カナダで大麻を購入したり、所持したりすることは、それらの行為がカナダ国内で完結しているならば、彼らが帰国した後に大麻取締法の適用はないと考えるべきです。そうしないと、カナダで大麻を合法的に栽培、所持・使用しているカナダ人が、日本に旅行や留学で訪れた場合、(彼らが大麻を日本に持ち込んでいなくとも!)証拠があれば日本で大麻取締法違反で逮捕・処罰できるということになってしまいます。

上の文章は記事の中に文章を一部抜粋したものになります。つまり、大麻取締法がニューヨークをはじめとする大麻(マリファナ)合法国での吸引にも適応された場合、その合法国の人が日本に旅行や留学にきた際に日本で大麻取締法違反で逮捕・処罰できるということになってしまいます。

この理由から大麻(マリファナ)合法国での日本人の吸引は違法ではないのでは?というのが園田寿さんの意見です。

日本の刑法第3条には、「この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯した日本国民に適用する。」という規定があり、放火や文書偽造、強制性交や強制わいせつ、殺人や傷害致死などの犯罪については、日本人が海外で犯した場合であっても日本の刑法も適用されます(国民の国外犯)。かりに、大麻取締法が刑法第2条ではなく、この「第3条の例に従う。」としていたならば、カナダで行われた大麻使用であっても、理論的には大麻取締法は適用可能であるということになります。

ですが、一応日本の刑法第3条が適応される可能性があるとも書かれていますので、ニューヨークに旅行に来た日本人で大麻(マリファナ)を吸引して大麻取締法で逮捕・処罰される可能性は0ではないみたいです。



Keiの個人的な大麻(マリファナ)合法に関する意見


5e37f3e6

2019年からニューヨークでも大麻(マリファナ)は合法化されますが、現段階では違法な大麻(マリファナ)ですが、普通に街中歩いてれば大麻の匂いするし、大手アパレルスタッフは休憩の合間に大麻(マリファナ)を吸っている姿も何度も見たことがあります。

日本では「大麻(マリファナ)=薬物」みたいな認識があるが、もしコカインなどと同じ薬物なら合法化する国が増えるわけもなく、依存度で見てもアメリカ国立薬物研究所が1994年に発表したデータからもカフェインやアルコールの方が依存度は高いというデータが出ています。

自分の母親にも「2019年から大麻が解禁されるみたいだよ」と伝えたら「薬物は絶対ダメ!」と自分に何度も言ってきたが、「なら、なんで医療大麻があるの?」と聞くと答えに困っていた。

「大麻なんて絶対よくないよ!人生狂っちゃう!」と叫ぶ人ほどメディアに洗脳された大麻(マリファナ)を吸ったこともない人たちだと個人的には思うし、少なからず自分の周りのニューヨーカーで大麻(マリファナ)で人生狂ったような人は見たことはないです。

大麻のおかげで救われた人はたくさんいるからこそ、「大麻=薬物」という考えは捨てた方が個人的にはいいと思います。

ニューヨークカフェマップを無料配付中!

photo※上の写真は登録後に届くメールの一部になります

下のフォームに入力すると上の写真のメールが届きますので、そのメール本文内に「ニューヨークカフェマップ」のアクセスURLが記載してあります。そちらのURLをクリックすると現在地から付近のカフェが検索できるカフェ一覧が表示されます。


この「ニューヨークカフェマップ」に表示されるカフェはこのブログで紹介している「ニューヨークのお洒落なカフェ」のカテゴリの記事が表示されます。現在地から付近のカフェが見つかるだけでなく、記事でカフェの詳細が書いてあるのでカフェに向かう前に参考にしてください。

は必須項目です。

お名前姓:名:
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp
都道府県
認証画像画像認証左の枠内に表示されている4桁の数字を入力してください。

Pocket

※この記事は2019/02/13に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。



この記事を書いたのは...

海外トレンド調査ブロガー   Kei

NY在住歴5年。旅行やファッション(通販含む)に特化したWeb制作&マーケティングが得意。元バイヤーの経験とNY観光マスターの知識を活かしたブログは月間35万PV突破。運営してる会員サービスの会員さんと国内やNYで一緒に遊んで「新しい人生の選択肢」を共有なう。

最近書いた記事

Keiのプロフィールはコチラ

ニューヨークでオイスター(牡蠣)といえばグランドセントラル駅……

食べる&飲む

想像以上に簡単!一時帰国者や留学生も使える、タックスフリーを……

ライフスタイル

ブルックリンにある猫カフェ「The Brooklyn Cat……

遊ぶ

ブルックリンブリッジ(ブルックリン橋)を歩いてダンボに行こう……

観光名所


この記事を書いた人

海外トレンド調査ブロガー

Kei

ニューヨーク旅行初の方へ

初めてニューヨーク旅行に来る人のために道順紹介あり!2018年版1日観光スポット13選


無料でNYカフェマップ配付中

このブログで紹介している「Wifi」や「電源」が使えるお洒落なニューヨークにあるカフェが現在地から調べることができるWebアプリを無料配付中!アプリなどのダウンロードをする必要はありません。

詳細はコチラ