NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方の「悩み」を解決するキュレーションメディアです。

ライフスタイル

ニューヨークから東京まで13時間のロングフライト!快適にエコノミー席で過ごすための5つのポイント


エコノミーシートで13時間のロングフライトを快適に過ごしたい!といつも考えてる生粋のニューヨーカー(@newyork_pg)です。

東京からニューヨークまでは直行便でも13時間のロングフライト。飛行機のチケット代を考えると一番格安の「エコノミーシート」で行こうと思っている方も多いのでは無いでしょうか?

日本からニューヨークは13時間のロングフライトになりますので、このロングフライトを快適に過ごすためにも座席選びをしっかり選ばないと、到着後の疲労感から観光を楽しめません。

日本とニューヨークはほぼ時間が真逆ですので、時差ぼけした状態でニューヨークに到着すると体のコントロールがうまくいかず、思ったようなニューヨーク観光をすることができません。時差ボケ対策は「ニューヨークとの時差ってどれくらい?また時差ぼけに悩んでる方のやってほしい5つの解消法」で紹介した時差ボケ対策をするか睡眠薬を使って無理矢理飛行機内で寝たいと思っている方はスギ薬局でも売ってる「ハイヤスミンA」がオススメです。

ニューヨークとの時差ってどれくらい?また時差ぼけに悩んでる方のやってほしい5つの解消法のアイキャッチ写真

ニューヨークとの時差ってどれくらい?また時差ぼけに悩んでる方のやってほしい5つの解消法

関連記事を読む


また、エコノミークラスはチケットの値段が安い分、席が狭かったり、横の人との距離が近かったりとマイナス点もあります。

なので、「いびき」や「歯ぎしり」などのコンプレックスがある方は事前に予防策を考えましょう。「歯ぎしり」の場合は歯医者さんと共同開発したマウスピース「PROIDEA」で「いびき」の場合はいびきの原因になる口を閉じる「口閉じテープ」が付いているいびき対策グッズ「セレブリーズ」がオススメです。

では、飛行機に乗る準備ができた方でエコノミークラスでニューヨークに行く方が快適に狭い座席で過ごすために出来る5つのポイントを紹介します。

代表的な5つの「快適」座席ポイント紹介


日本からニューヨークの間の飛行機から外を見たい人もいれば、トイレが近いという理由で席の通路側を選ぶ人もいるので、「快適」と言っても人それぞれ違いますので、今日は代表的な5つの「快適」座席ポイント紹介します。

  • エコノミーシートのメリット、デメリットを理解して席を選ぶ
  • 飛行機前方のエコノミーシートがオススメ
  • 英語が苦手なら非常扉のエコノミーシート前はNG
  • お子様連れは主翼の付近のエコノミーシートがベスト

エコノミーシートの座席のメリット、デメリットを理解する


多くの人が日本からニューヨークのロングフライトでは「窓」か「通路」のどちらの席にしようか悩みます。残念ながら席に余裕の無いエコノミーシートの場合は「メリット」「デメリット」の両方が存在します。

エコノミーシート窓側席のメリット


  • 窓にもたれて寝れる
  • 他人に寝ることを邪魔さない
  • 窓の外から嫌いな景色が見れる

エコノミーシート窓側席の窓側のデメリット


  • トイレに行き辛い
  • 上に片付けた荷物が取り辛い

エコノミーシート窓側席の通路のメリット


  • トイレにいつでも行ける
  • 上に片付けた荷物が取りやすい

エコノミーシート窓側席の通路のデメリット


  • 窓際の人がトイレに行くたびに起きないといけない
  • 窓際の人がスチュワーデスと何かやりとりする際に起きる可能性がある

以上のように席が狭いエコノミーシートの場合はどちらを選んでもメリット、デメリットは存在します。また「景色を楽しみたいから窓側!」という方がいたら注意です。国際線の場合、景色を楽しめるのは離陸・着陸・食事の短時間しか見ることは出来ません。



飛行機の前の方のエコノミーシートに座る


次は前方と後方のどちらのエコノミーシートに座った方がいいかをよく聞かれますが、今までの経験から飛行機前方のエコノミーシートがオススメです。オススメの理由は2つ、

  • 到着後飛行機から早く出れる
  • 機内食が選べる

具体的になぜ飛行機前方のエコノミーシートがオススメなのか紹介します。

飛行機前方のエコノミーシートは到着後飛行機から早く出れる


同時多発テロ後からニューヨークのイミグレーションは今までより厳しくなり、長いとイミグレーションを抜けるのに1時間30分以上時間が必要な時がありますので、少しでも早くイミグレーションを通過したい方は飛行機が到着した際に一番早く外に出られる前方のエコノミーシートがオススメです。後ろのエコノミーシートだとイミグレーションを抜けるのにかなり時間がかかる覚悟をしておかないといけません。

では、逆に後方のエコノミーシートのメリットは?と言われたら「翼に景色が遮られないので景色がいい」のと「トイレが近くに有る」くらいです。

飛行機前方のエコノミーシートなら機内食が選べる


機内食は好き嫌いがはっきり分かれることがよくあります。それは宗教の問題だったり、単純に人気の機内食だったり、理由はバラバラですが偏った残り物機内食ができる場合があります。コリアエアラインやチャイナエアラインなどの格安航空でしたら味に差はありませんが、JALやANAのような中級クラスになると差がでる場合があります。

機内食にもそれぞれ数に限りがあり、飛行機前方のエコノミーシートから機内食が配られるので飛行機前方のエコノミーシートの方が選択肢がある可能性が高いです。

英語が苦手なら非常扉の前はNG


「足が伸ばせる快適なシート」として有名な非常扉の前のエコノミーシートですが、このエコノミーシートにもデメリットがあります。それは「緊急時に脱出の手伝いをしなければならない」という決まりと、海外の航空業者の多くが英語が喋れることという条件の上を満たしている人しかこのエコノミーシートは座れないケースが多いです。

また非常扉の前のエコノミーシート足が伸ばせるので快適なのですが、足元に荷物をおいてはいけないことや隙間風が意外に寒かったりするマイナス点もあります。

お子様連れは主翼の付近のエコノミーシートがベスト


お子様連れの方は子供のことを考えると主翼の付近の通路側のエコノミーシートがオススメです。エコノミーよりも上のクラスの席が前方にあるのには理由があり、それは主翼より前に行けば行くほど揺れが少なくなるのと、主翼より後方の席はエンジンの騒音がうるさいという理由があります。なので、エコノミークラスで子連れて行かれる方は主翼の付近の席を確保しましょう。また子供の遊び道具や着替えなども考えると通路側のエコノミーシートがオススメです。



逆に「この席は選んではいけない!」っていうエコノミーシートは?


今までの経験で失敗したのは非常扉付近のエコノミーシートです。当時は足が広く伸ばせれるかもという理由で席を取りましたが、非常扉付近の席はリクライニングできない場合があります。その状態で13時間のフライトは本当に辛かったです...しかも寝る予定だったので、窓際のエコノミーシートを取ってしまったので「寝れない、トイレに行けない、荷物が取れない」の最悪3拍子が揃ってしまいました。

エコノミークラスの場合はどの席もさほど差はありませんが、13時間のロングフライトだからこそ、しっかり考えてどのエコノミーシートにするか選びましょう!

飛行機に搭乗する前に買っておくと便利な道具


冒頭でも紹介した対策も「いびき」や「歯ぎしり」、「時差ボケ」の対策は以下です。

・歯医者さんと共同開発したマウスピース「PROIDEA」

・「いびき」の場合はいびきの原因になる口を閉じる「口閉じテープ」が付いているいびき対策グッズ「セレブリーズ」

・スギ薬局でも売ってる有名な睡眠薬「ハイヤスミンA」

また格安航空券を探している人はスカイスキャナーで検索するのがオススメです!



※この記事は2018/01/04に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

Pocket

ニューヨーク旅行前の最終チェック

今からニューヨーク旅行に行かれる方向けにライターのErica(@nypg_erica)がおすすめの記事を紹介♪楽しいニューヨーク旅行になるお手伝いさせていただきます!



この記事を書いた人

Googleに聞くな!俺に聞け!

生粋のニューヨーカー

ニューヨーク旅行初の方へ

初ニューヨーク旅行に行く方の為に書きました!ゴシップガールおすすめロケ地10選


現地ニューヨーカーが行くカフェMap

ニューヨーク在住のライターがオススメするカフェをGoogle Mapで解説URL付きで紹介します!現地でWifiを使って、現在地から近いお洒落なカフェを探してください。

-->