NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方の「悩み」を解決するキュレーションメディアです。

ライフスタイル

海外在住だからって諦めてないで!ニューヨークで母子手帳をもらう方法



こんにちは!息子が重すぎて腱鞘炎がつらいRyo(@nydewebdesign)です!

妊娠したママの証といえば母子手帳!海外在住だから…と諦めてないですか?実は海外在住者でも手続きをすればすぐに手に入れられます!

予防接種の記録や育児情報を確認するのに役に立つ母子手帳。ぜひゲットしましょう♡

母子手帳とは


母子手帳とは、「保護者・出生届証明」「妊婦の健康状態・職業」「妊娠中の経過」「出産の状態と産後の経過」「母親学級受講記録」「6歳までの健康診断記録」「乳幼児身体発達曲線」「予防接種の記録」などを記録・確認できる冊子で、妊娠している人なら誰でも受け取ることができます。
日本の母子を守るために60年以上も前から存在する母子手帳。妊娠が判明したら、各市区町村の役場、保健センターに「妊娠届」を提出し、受け取ります。

この母子手帳制度は、元々ほぼ日本でしか使われていなかったのですが、その便利さが認められ、だんだんとベトナム、タイ、ケニアなど各国に広まっていきました。
参照:http://www.mamasnote.jp

申請方法


以下、在ニューヨーク日本国領事館が2014年5月に発表した母子手帳に関するアナウンスから抜粋します。(2016年9月1日改訂)
今般,一般社団法人 親子健康手帳普及協会より外務省に対し,海外に居住される邦人の妊婦の皆様へ母子手帳(親子健康手帳)を無償にて提供したい旨申し出があり,当館においても当館管轄地域に在留する対象者の皆様に配布することになりましたのでお知らせいたします。当館窓口での申込みのほか,郵送での申込みを受付けます。

■ 配布対象者
<以下の条件全てに該当する方>
・日本国籍を有する方
・妊娠中または出産後1年以内の女性,または,その配偶者の方
・当館管轄地域*に在留し,当館に在留届を提出している方
*ニューヨーク州,ニュージャージー州,ペンシルベニア州,デラウエア州,ウエストバージニア州,コネチカット州フェアフィールド郡,プエルトリコ,バージン諸島

■ 提出書類
配布申込書(PDFがダウンロードできます)
・妊娠または出産を確認できる書類(通院を証明する書類,妊娠証明書,出生証明書等)のコピー
・旅券のコピー
・配偶者が申請する場合は婚姻関係を示す書類(婚姻証明書等)のコピー(在留届で確認できる場合には省略可)
・送付用切手(First-class Mail 4oz分)と返信用封筒 ※郵送希望者のみ

※お住まいの地域によって必要書類が違う場合があります。管轄領事館のHPを必ずご確認ください。

実際に提出した書類


<配布申込書>
→私は別の用事で領事館に行った時についでにもらってきました。
家にプリンターがある人はダウンロードして記入していってもいいし、領事館でもらってその場で書いてもOKです。

<妊娠が確認できる書類>
→病院の検査結果を持っていったのですが、分かりづらかったらしく「エコー写真ありますか?」と聞かれました。エコー写真は名前も印刷されているので、書類代わりになるようです。

<旅券のコピー>
→自宅にコピー機がないので原本を持っていきました。その場でコピーをとってくれます。

<現住所を示す書類>
→銀行のステートメントを利用しました。その他、運転免許証、光熱費の支払証明書などが使えます。

婚姻関係を示す書類、切手は不要でした。

これらの書類を揃えて領事館に行き、書類に不備が無ければ5分もかからずに母子手帳がもらえますヽ(=´▽`=)ノ

実際の使いみち


では実際にもらった後はどうしたかというと……特に何もしてませんw

アメリカでは、日本のように検診で子宮底長や腹囲を測ることもないし、体重はアプリで記録をとっているし、検査結果はオンラインで見られるし…と、手帳の出番なし!

印刷するのに経費もかかるし、アプリで何でも管理できるこの時代、"手帳"というのは時代に合わなくなってきてますよね。日本のように検診のたびに手帳を見ながら話をするなら、まだ活用価値もあるのかも?

活用方法はママ次第


実際のところ、便利さを考えるとわざわざ紙の手帳に書き留めていく必要はないのかもしれません。でも、せっかくなので記念としてもらってもいいし、エコー写真を貼ってアルバムにしたり、日記をつけたり、手帳ならではの使い方ができるかも!?産まれた時の手型・足型をとったりもできますね!

今しかゲットできない母子手帳。アメリカにいる妊婦さんもぜひゲットしてみてはどうでしょう!
Pocket

※この記事は2016/09/21に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。



この記事を書いたのは...

飲んだくれ   Ryo

お酒・柴犬・スナフキン・スヌーピー・読書・スポーツ・着物とかすき。 編プロ、スポーツ新聞、展示会・イベント会社と色々な仕事を見て、今はテレビ制作の傍らでWebデザインも独学中。会社設立と来年のビザ取得について考察中。

最近書いた記事

Ryoのプロフィールはコチラ

アメリカの妊婦定期検診の流れがバッチリわかる!検査時期・内容一覧

ライフスタイル

海外在住だからって諦めてないで!ニューヨークで母子手帳をもらう方法

ライフスタイル

ニューヨークではじめての妊婦検診に行く人が、知っておきたい9つのポイント

ライフスタイル

妊娠8週以前はお断り?ニューヨークで妊娠検査する病院の選び方と注意点

ライフスタイル


あなたの見たニューヨークをインスタでシェアしてください!

インスタグラムで「#私が見たニューヨーク」のタグを使って投稿すると1万フォロワー以上いるErica(@nypg_erica)のアカウントから素敵な写真は紹介させていただきます!是非あなたのニューヨークをインスタグラムでシェアしてください。

実際に「#私が見たニューヨーク」のタグを使ってシェアしてもらった写真をランダムで4枚以下で紹介します!


「#私が見たニューヨーク」のタグがついている写真一覧

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.