ライフスタイル

毎日ストリートパフォーマンスだらけ?ニューヨークの地下鉄で見られる不思議な光景をまとめました


どうも、元バイヤーのKei(@smallnycer)です。

ニューヨーク旅行者の方の中にはダンサーやシンガーといった「パフォーマー」の人が多いですが、彼らにニューヨークのイメージを聞くと「街中や地下鉄でのストリートパフォーマンスのイメージが強い!」という声をよく聞きます。

実際にニューヨークの地下鉄内では毎日どこかで必ずストリートパフォーマンスはやってます。

ですが、パフォーマーはプロの人もいれば、ただの素人の人もいるのでレベルはバラバラなので、こればかりは運です。この記事ではニューヨークの地下鉄で見られるパフォーマンスとニューヨークの地下鉄事情について紹介します。

ニューヨークの地下鉄はパフォーマーだらけって本当?

ニューヨークの地下鉄の写真

自分は6年ほどニューヨークに住んでいますが、街中に行くと時間帯によりますが、結構の確率でパフォーマーと出くわすことが多いです。特に彼らと出くわす電車は駅と駅の距離がある場合や人が混み合う前後の時間です。駅と駅の距離が近い場合はパフォーマンス時間が短くなることから避ける傾向があります。

「どれくらいの確率でプロのパフォーマーと出会えますか?」

これもよく聞かれる質問ですが、プロの鳥肌立つようなパフォーマーは滅多に出会えません。自分自身、そんな人は6年間で数回あったかどうかです。ほとんどは素人のパフォーマーです。

だけど、たまにテレビに出てるような有名人もゲリラでパフォーマンスします!

少し前にはアメリカの有名シンガーソングライター「Andy Grammer」が地下鉄内で突然パフォーマンスをしたことで話題になりました。他にもライオンキングのキャストが電車内でパフォーマンスをしたりなど、お金を払ってでも見たいパフォーマンスがどこかで今日も繰り広げられています。

実際にどんなパフォーマンスがニューヨークの地下鉄で繰り広げられているのか紹介します。

ニューヨークの地下鉄で見られるパフォーマンス

まずはあのマイケルジャクソンの「Rork with You」を大熱唱する動画を紹介します!

ニューヨークの地下鉄ではシンガーの方も機材を持ち込んでパフォーマンスしています。上のツイートのコメント欄にも「え?なんでマイク?」と書かれていましたが、ニューヨークではポータブルのスピーカーやマイクを持ち運ぶのは彼らの中では普通だったりします。

Twitterで教えてもらったんですが、マイクは禁止みたいです!パフォーマーの方注意です。

話を戻しますが、ココまで大合唱になることは滅多にないです。よく見かけるのはメキシカンのおじちゃんたちがギター弾きながら歩き回る光景ですかね…

ニューヨークの地下鉄内で見るパフォーマンスで1番多いのが「ダンス」のパフォーマンスです!

上の動画は有名な「Kid the wiz」というブロンクス出身のニューヨークのダンサーです。ダンサーの間では有名な方で、ニューヨークの地下鉄内でパフォーマンスしてる動画が彼のインスタグラムにたくさん上がっていますが、彼らを見かける確率は相当低いです。

そして、残念なのがダンススキルが高くても見せ方が下手だと盛り上がりに欠けます。

例えば上のツイートの動画のパフォーマーの方はダンスはずば抜けてうまいのですが、周りの乗客は興味がない感じが感じれます。こんなシュチュエーション、よく見かけます。

酷いとパフォーマンスをフルシカトの時もあります。スキルだけでは認めてくれないあたりが、ニューヨークっぽいですね。

もしパフォーマンスを見て、感動したら1ドルでもいいのでチップをあげましょう!

ニューヨークの地下鉄で見られる珍光景

ニューヨークの地下鉄の中で見られるのはパフォーマンスだけではありません。珍光景も見れます。

例えばアメリカでは誕生日を盛大に祝う習慣があり、誕生日用のバルーンを年齢分買う人がいます。そのバルーンをどうお持ち帰るのか?もちろん、地下鉄です(笑)日本だと「邪魔になるから」って理由で持ち込む人はいないと思いますが、ニューヨーカーは平気で持ち込みます。

他にもコントがやりたくて手術台などの大道具を持ち込む人や

動物を持ち込む人はよく見かけますが、運がいいとオウムやトカゲといった地下鉄では中々見かけない不思議な動物も見れるかも。

ニューヨークでは自転車や家具などは当たり前に持ち込むので割愛しますね(笑)

ニューヨークの地下鉄では犬はバッグの中に入れる法律があります

ニューヨークでは犬を地下鉄に連れ込む場合はカバンに犬を入れないといけない不思議な法律があるのですが、もちろんニューヨーカーも法律を守ってるのですが、

これはもうカバンに入ってないと判断してもいいのではないでしょうか?(笑)

「いや、カバンに入ってる!」とニューヨーカーならいうでしょうね…法律は守ってるといえば守ってるから、問題ないという考えなのがニューヨーカーっぽい。

詳しい情報は上のツイートのコメント欄に追記していますので、そちらを参考にしてください。

ニューヨークの地下鉄事情

「ニューヨークの地下鉄楽しそう!」って思う方もいるかもしれないですが、ニューヨークの地下鉄よりも日本の地下鉄の方がインフラだけを考えると100倍イイです。

例えば地下鉄内は冷房と暖房が最強に効いてます。なので、夏は極寒ですし、冬は極暖で、外との温度差に体調壊します。他にも座席はプラスティックなのでお尻痛くなるし、そもそも電車が時刻表通りこないし、急に電車の種類変わるし、車掌さんの案内全く聞こえないし…

「ニューヨークは満員電車がない」っていう人がいますが、ダイアが乱れれば地下鉄は人で溢れます。さらに地下鉄のホームには冷房や暖房はないので夏や冬のホームは最悪ですし、車両に入ればガンガンエアコンや暖房が…体調壊します。

他にもホームも作りが古いので大雨や台風が直撃すると地下鉄構内が雨漏りで大変になる時があります。これでもニューヨークの地下鉄は走っちゃうからすごいですよね。

もちろん、トラブルも起こります。日本と違って、様々な人種が住んでるニューヨークでは「差別」や「文化」の違いから地下鉄内でも喧嘩になることがあります。危なそうな人たちには近寄らないようにしてください。

ニューヨークの地下鉄に乗るときの注意点

ニューヨークの地下鉄の写真

ニューヨークの地下鉄では日本では考えられない場面と出くわすこともあり、テンションが上がってスマホで撮影する人が多いですが、その場合は彼らの今後の活動のためにもチップを1ドルでもイイのでなるべくあげてください。また、怪しいホームレスや物乞いとも出くわすこともあると思いますが、その時はフル無視か、その場から離れてください。

この記事で紹介したのはニューヨークの地下鉄で行われている一部のパフォーマンスと珍事件です!もっと素晴らしいパフォーマンスや笑い転げるような人たちと出くわすかもしれません。

なので、ニューヨーク旅行の移動には是非地下鉄を使ってください!地下鉄の使い方は「画像付き!英語が全くできない人でもご安心を!ニューヨークの地下鉄の切符を買う方法」の記事で紹介していますので、参考にしてください。

画像付き!英語が全くできない人でもご安心を!ニューヨークの地下鉄の切符を買う方法の記事のアイキャッチ写真

画像付き!英語が全くできない人でもご安心を!ニューヨークの地下鉄の切符を買う方法

関連記事を読む


※この記事は2019/08/14に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

この記事を書いたのは...

Kei

ニューヨーク在住&US永住権持ち。18歳でNYにハマる→26歳国際結婚&起業→30歳突然離婚→ 英語力ゼロでNYホームレス→ NY旅行者向けブログ運営/NYアテンドしてます。ツイッターとインスタを毎日更新しています。


Pocket

▶︎横にスワイプできます


ニューヨークカフェマップを無料配付中!

下のフォームに入力すると上の写真のメールが届きますので、そのメール本文内に「ニューヨークカフェマップ」のアクセスURLが記載してあります。そちらのURLをクリックすると現在地から付近のカフェが検索できるカフェ一覧が表示されます。


この「ニューヨークカフェマップ」に表示されるカフェはこのブログで紹介している「ニューヨークのお洒落なカフェ」のカテゴリの記事が表示されます。現在地から付近のカフェが見つかるだけでなく、記事でカフェの詳細が書いてあるのでカフェに向かう前に参考にしてください。

は必須項目です。

お名前姓:名:
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp
都道府県
認証画像画像認証左の枠内に表示されている4桁の数字を入力してください。


私がこのブログを運営しています!

小さなニューヨーカー
26歳でニューヨーカーと英語力ゼロで超速婚をしたけど30歳で突然の離婚からNYでホームレスを経験した経営者。18歳でハマったNYを多くの人に満喫して欲しくてNY初旅行者向けのブログを運営中。憧れる人と海外旅行に行くのが趣味。世界中に友達作りなう。NYアテンド→ http://ny-tours.com 本業垢→@nycityindex

カフェマップをダウンロードする