NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方、初めてニューヨークに留学する方のためのキュレーションメディアです。

ライフスタイル

背中が痒いよ...誰か助けて...ニューヨークに渡米して1回くらいは使うだろう英会話術


ちょっとした英語が話せなくて困ったことありませんか?例えば...

背中がかゆい...だれか...助けて!

手が届きそうで、届かないのがコイツの嫌なところ。だけど、どうしても誰かに掻いてほしい...そんな時に使えるフレーズです!



企画人から一言



今回のフレーズは...

Can you scratch my back? - 背中かいてもらえない?


意外に知られていないフレーズを作った理由を制作者に答えてもらおうと思います。よろしくお願いします。

1172447_639029909455429_1193915161_o
人物紹介:RIKU SAITO
17歳で上京以後、俳優として舞台・テレビドラマを中心に数々の作品で活躍。 もっと視野を広げあらゆる可能性を見つけたいという思いから2014年7月に渡米。現在はNYを拠点に自らプロデュースし出演する"THE LAND TV" (YouTubeチャンネル)にて仲間とともに独自のムービープログラムを製作中。 これからエンターテイナーとして大陸に夢と希望、人々の可能性を広げたい。


皆様こんにちわ、全く背中がかゆくならない斎藤陸です。皆さんは「小さい頃はよく背中かゆくなったのになぜ大人になると無くなるのだろう?」って思ったことはないですか?よくよく考えると「確かに...」と納得してもらえるはず...です。

不思議ですね〜

そこで調べてみました。すると子供が背中が痒くなる理由が2つありました。

1 - ランドセルを背負っていると汗を書きやすくあせもが出来やすい。
2 - 乾燥性湿疹(原因の一つにスナック菓子の食べ過ぎもあるとか・・)


つまり、ダニやアトピーなんかも原因であるみたいですね。それもあって、最近では通気性のすぐれたランドセルが発売されているみたいです。

しかしこれは日本での出来事...外国になるとそうはいきません。子供だけの現象だと思っていたら痛い目に合う!まぁ仮に!仮に外国で蒸れたランドセルを背負わされる場面と想像したら...そう考えた時に、ゾッとしたのでこのフレーズを作りました。

ちなみに目上の方にお願いする場合は、Could you ~? や Would you ~?また、本当に申し訳ないときはWould you mind if I ask you to scratch my back? ということもできます。

THE LAND TV


english
定期的にニューヨークを拠点に自らプロデュースし出演する"THE LAND TV" (YouTubeチャンネル)にて仲間とともに独自のムービープログラムを製作しています。下記URLから視聴できます!

https://www.youtube.com/channel/UCelNvTIhY08kzpdSggCE2RQ



[ 関連記事 ]

ごめんさない、うんこ漏らしました。ニューヨークに渡米して1回くらいは使うだろう英会話術

あー!脚つった!!ニューヨークに渡米して1回くらいは使うだろう英会話術

HarriBoiがお届けするリアル会話通信 Vol1:Takin' it easy!

※この記事は2015/07/01に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

pexels-photo-296878
Pocket

この記事を書いたのは...

卒業ライター   卒業ライターの皆様

僕たちは元々NYPGで書いていたライター達です。既に今はNYPGを卒業しております。ご了承ください。

最近書いた記事

卒業ライターの皆様のプロフィールはコチラ

背中が痒いよ...誰か助けて...ニューヨークに渡米して1回くらいは使うだろう英会話術

ライフスタイル

映画やドラマのロケ地でもお馴染み!ニューヨークで最も有名なグランドセントラル駅

観光名所