NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方、初めてニューヨークに留学する方のためのキュレーションメディアです。

ライフスタイル

2017年版!実際にニューヨークでブルーマンを見に行った感想と座席と当日チケットの詳しい解説


昨日見に行ったブルーマンの独特のダンスが頭から離れないMaksim(@gmnyc_k)です。



日本でも何度も公演されてるブルーマンですが、やっぱりパフォーマンスの本場ニューヨークのブルーマンは雰囲気が全く違います!自分も友達がニューヨークに遊びにきた時にブルーマンに行く人が多いのですが、毎回3つのブルーマンに関する質問をされます。

  • 座席はどこがいいのか?
  • 当日に当日チケットは買える?
  • チケットの予約ってどこから?

今日はこの3つの紹介と実際に2017/7にブルーマンを見に行ったので、ブルーマンを実際に見た感想も紹介します。是非今からニューヨークに旅行に行く人でブルーマンに行こうと思ってる人は参考にしてください。

座席はどこがいいのか?


オーケストラ席から見たブルーマンのステージ

ブルーマンの座席についてなのですが、ブルーマンの会場は1階と2階に別れており、上の写真はオーケストラ席(1階後方)から撮影した写真です。

ブルーマンの座席シート

わかりやすいようにブルーマンの座席をイラストにしたものが上の写真です。ブルーマンでは3つ座席に別れています。

  • ポンチョ席(1階前方)
  • オーケストラ席(1階後方)
  • フロントメザニン席(2階席)

ブルーマンを見る上で座席はかなり大切なポイントになりますので、実際に自分が見た上での座席解説をさせてもらいます。

ポンチョ席(1階前方)


ポンチョ席に座る人は濡れたり、何か飛んできてもいい人が選択しましょう。

先ほども書きましたがブルーマンのパフォーマンスではパフォーマンスの一環で観客側へ色々なものが飛んできたます。それもありポンチョ席の人は座席名通りポンチョをパフォーマンス開始前に着ないといけません。なので、ハイテンションでブルーマンを楽しみたい人はポンチョ席をおすすめします。

またブルーマンのパフォーマンスで使われるペイントは口に入っても無害かつ、水で洗い落とせる素材ですのでご安心ください。

オーケストラ席(1階後方)


今回自分はオーケストラ席でブルーマンを見ましたが、実はオーケストラ席の方がブルーマンのパフォーマンスに参加できる可能性が高いのでは?と実際にショーに行って思いました。

もちろんポンチョ席に比べれば迫力が落ちる&2階席のせいでオーケストラ席からブルーマンの音楽をサポートしてるバンドが見えないなどマイナスポイントもありますが、ブルーマンたちがパフォーマンス途中でオーケストラ席にはよく来てくれましたし、参加型のパフォーマスのほとんどがオーケストラ席からピックアップされていました。

これはブルーマン側がポンチョ席とオーケストラ席の差別化を測るためかもしれないですね。

確かにもしパフォーマンスがポンチョ席ばかりだったらオーケストラ席は特にメリットは感じれないかもしれない。実際に全体を見るだけだったら2階のフロントメザニン席の方がブルーマンのパフォーマンスの全体が見える。

なので、パフォーマンスに参加したい人はオーケストラ席がおすすめです。

フロントメザニン席(2階席)


ブルーマンはパフォーマンス中に観客席に何度も降りて、そこでパフォーマンスをするのではすが、2階の席にはブルーマンは1回しか行きません。なので、パフォーマンス全体は見えてもブルーマンと実際に関わることが他の席に比べて圧倒的に少ないです。

そんなこともあってか2階席はカップルが多く、一階席は家族連れが多いイメージがあります。

なので、特にブルーマンのパフォーマンスに巻き込まれたくないという人はフロントメザニン席(2階席)はおすすめです。

ブルーマン当日チケットは買える?


ブルーマンチケットカウンター付近の写真

ブルーマンはニューヨーク観光者に非常に人気のパフォーマンスになります。

ブルーマンは1日2回公演があり、自分が行った日は金曜日ということもあり人でいっぱいでした。ちょうど自分がチケットをToday tixを使って交換をしようとした時に当日チケットを求める家族が来たのですが当日チケットは完売していたみたいで寂しそうにブルーマンの会場を後にしていました。

スタッフに聞いたら「当日チケットがあるときはあるけど、旅行者が多いときは完売することもよくある。最近はToday Tixで事前に買ってから来る人が増えた」と言っていました。

自分も今回Today Tixを利用してブルーマンのチケットを購入したので当日チケットの25%割引でブルーマンのチケットを購入することができました。

Today Tixとは?


ブルーマン入口の写真

Today Tixはニューヨークの街中でも広告がバンバン出ている、有名アプリで世界中の節約上手の旅行者が使っているアプリです。しかも、今なら10ドル割引クーポン付き!



Todaytixを簡単に説明すると1週間前から開演30分前までのチケットのみアプリ内で紹介し、通常価格よりも格安に購入することができるiOS/Android用アプリです。詳しい利用方法は「直前だから破格&今なら10ドルクーポンゲット!格安ブロードウェイミュージカルのチケットをTODAY TIXで買おう」で紹介しています。

直前だから破格&今なら10ドルクーポンゲット!格安ブロードウェイミュージカルのチケットをTODAY TIXで買おう

直前だから破格&今なら10ドルクーポンゲット!格安ブロードウェイミュージカルのチケットをTODAY TIXで買おう

関連記事を読む


利用者12万人超え!格安でブロードウェイを見るならTODAY TIXアプリのダウンロードは以下より

iOSはコチラ Androidはコチラ


【クーポンコード:WPHDD】

実際にブルーマンを見に言った感想


ブルーマンを2017/7に見に言ったので、その感想をシェアします。オーケストラ席(1階後方)を上演3日前にToday Tixから購入しました。いつもは座席が選べるのですが、金曜日の夜ということもあり座席が1つしか空いていませんでした。

チケットカウンターでオーケストラ席の座席チケットと交換してもらう

また、当日は15分前にブルーマンの会場に行きましたが人でいっぱいでした。ですが、Today Tixでオーケストラ席のチケットを買った自分はサッとチケットカウンターへ。アラジンの時は外にToday tixのジャンバーを着たスタッフがいましたが、ブルーマンでは一般のチケットカウンターで画面を見せるだけでオーケストラ席のチケットと交換してくれました。

軽食や飲み物が売ってる売店

飲み物と軽食はチケットカウンターと反対側に売ってます。売ってた飲み物は水とソーダ(コーラなど)とアルコールが少々。後はスナックとチョコなどの軽食が売っています。

ブルーマン上映中の注意事項

ブルーマンの会場内は上映中の携帯電話の使用は禁止です。なので、写真が撮りたい人は上映前後に撮影をしましょう。また上映後はブルーマンがチケットカウンターまで来てくれるので、そこでブルーマンと一緒に写真撮影が出来ます。

オーケストラ席から見たブルーマンのステージ

無事会場入りしたらチケットをもらう時にもらった紙を頭に巻きます。これはブルーライトに反応するみたいで、ブルーマンのパフォーマンス途中で会場全体が頭に巻いた紙一色になります。

そして、ブルーマンのパフォーマンスが始まるのですが、パフォーマンス中は撮影禁止なので写真はないです。

なので、言葉だけで感想を一言で言うとパフォーマンスの90分はあっという間でした!ネタバレになるので内容は書けないですが、英語がわからなくてもパフォーマンスが面白いのがブルーマンの売り。もう終始笑いっぱなし。

それにブルーマンがパフォーマンス中に携帯を禁止してる理由が上演後に知りました...


撮影に夢中になってると本人すら横を通っても気付かない。

撮影してSNSにアップしたい気持ちもわかりますが、パフォーマンス中はカバンの中に携帯はしまっておきましょう。

ブルーマンを見るならToday Tixを使おう



今回もミュージカルチケットが格安で購入できるToday Tixを使ってブルーマンを見てきました。Today Tixのいい部分は従来のEチケットをコピーする手間や旅行会社に受け取りに行く手間を省くだけでなく、英語が苦手でもチケット窓口でアプリの画面を見せるだけでチケットを交換してくれます。

こんな便利なアプリを使わない手はないですよ!

直前だから破格&今なら10ドルクーポンゲット!格安ブロードウェイミュージカルのチケットをTODAY TIXで買おう

直前だから破格&今なら10ドルクーポンゲット!格安ブロードウェイミュージカルのチケットをTODAY TIXで買おう

関連記事を読む


利用者12万人超え!格安でブロードウェイを見るならTODAY TIXアプリのダウンロードは以下より

iOSはコチラ Androidはコチラ


【クーポンコード:WPHDD】

※この記事は2017/08/01に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

Pocket