NYPG | ニューヨークの全ての情報が詰まったWebメディア

NYPG(NEW YORK POINT GUIDE)はニューヨークでWeb制作を行っているNY City Index LLCが運営しております。
NYPGはニューヨークに初めて旅行に来る方、初めてニューヨークに留学する方のためのキュレーションメディアです。

アート

ニューヨークの現代美術館(MOMA)にあるインスタ映えする作品5選


インスタグラムの更新を最近怠っている生粋のニューヨーカーです。

ニューヨークに観光する方のインスタグラムの写真をよくチェックしてるのですが、いつも「みんな、私以上にインスタ映えするニューヨークの観光スポット知っているな〜」とニューヨーク旅行者の方々にはビックリさせられています。

是非今から現代美術館(MOMA)に行かれるインスタ女子の方は参考にしてください。

現代美術館(MOMA)で出会えるインスタ映えする作品7選


IMG_5536

現代美術館(MOMA)に行く方法がわからない方は「初めて行く方必読!ニューヨーク近代美術館の行き方から入場料まで細かく教えます」を参考にしてください。

現代美術館(MOMA)もメトロポリタン美術館同様、全部の作品を見ようと思ったら1日時間が必要になります。なので、今回はインスタ映えする写真を撮りたい女子向けに作品の知識がなくても、事前にこの記事を読めば楽しめる作品を7点紹介します!

IMG_5580

また、英語が苦手なKeiさん(@gmnyc_k)は事前に現代美術館(MOMA)が提供してる日本語アプリをダウンロードして作品を見てましたので、もし英語に自信がないニューヨーク旅行者の方は事前に「現代美術館(MOMA)アプリ」をダウンロードしてください。

  • 星月夜(ゴッホ)
  • The Sleeping Gypsy(アンリ・ルソー)
  • Green Still Life (ピカソ)
  • Dynamic Hieroglyphic of the Bal Tabarin(ジーノ・セヴェリーニ)
  • 睡蓮の池に映る雲の反映(クロード・モネ)


しかも、この7点の作品は現代美術館(MOMA)の作品展示フロアーの5階で全て閲覧できる作品です。また、この5階フロアー19世紀後半から20世紀前半にかけてのヨーロッパで盛んだったポスト印象派のゴッホやピカソなどの教科書に載っている作品が多々展示されています。

現代美術館(MOMA)のインスタ映えする作品:星月夜(ゴッホ)


IMG_5576

この作品は教科書でもよく見るゴッホの「星月夜」の作品です。「星月夜」は5階フロアーで一番人気の作品で専用のセキュリティーが常時いるくらい厳重に警備されています。この作品の雲が人によって見え方が違うというストーリーを聞いて、友達と話し合って、みんな意見が違って面白かったです!

現代美術館(MOMA)のインスタ映えする作品:The Sleeping Gypsy(アンリ・ルソー)


IMG_5585

この作品は独学でアートを学んだアンリ・ルソーが書いた「The Sleeping Gypsy」です。この作品も現代美術館(MOMA)のアプリにも紹介があるので聴いてみてください。どうやって絵にいるライオンが彼女の横に移動したのか?考えれば、考えるだけ面白い作品です。

現代美術館(MOMA)のインスタ映えする作品:Green Still Life (ピカソ)


IMG_5597

この作品はピカソのGreen Still Lifeなのですが、この色使いはピカソの他の作品でも見れない色の使い方をしているのが特徴です。さらに同じ5階フロアーには、

IMG_5604

キュビズム時代のピカソの作品も見ることができます。この2枚の作品を現代美術館(MOMA)で見るだけでも19世紀後半から20世紀前半にかけてアートの世界が大きく動いたのがわかります。

キュビスムは、20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。https://ja.wikipedia.org/


現代美術館(MOMA)のインスタ映えする作品:Dynamic Hieroglyphic of the Bal Tabarin(ジーノ・セヴェリーニ)


IMG_5606

この作品はキュビズムの影響を大きく受けたジーノ・セヴェリーニのDynamic Hieroglyphic of the Bal Tabarinです。この作品はカラフルなロシア・アヴァンギャルドの系統の色使いが特徴です。

現代美術館(MOMA)のインスタ映えする作品:睡蓮の池に映る雲の反映(クロード・モネ)


IMG_5628

最後にフライス印象派の代表的な作品、モネの「睡蓮の池に映る雲の反映」です。この作品は他の作品に比べて大きな作品で、この巨大なキャンパスに繊細に描かれたアートは目をクギ付けにします。

ニューヨークの現代美術館(MOMA)に行かれる方へ


IMG_5594

この記事では現代美術館(MOMA)の5階フロアーを少しだけ紹介しましたが、ニューヨークの現代美術館(MOMA)は1階から6階まで有名な作品で埋め尽くされています。なので、ゆっくり作品が見たい人は1日時間をあけて行きましょう。

IMG_5594

また、お腹が空いたら「MOMA、ヒルトンホテル付近にある大人気の屋台(ベンダー)が本当に美味いのか検証。その結果...」で紹介している現代美術館(MOMA)の向かいにあるチキンオーバーライスを食べに行きましょう。

最後にニューヨークの現代美術館(MOMA)に行くことはできないけど、ソーホーでお買い物はしに行く!という人は「子供向けのお土産もあり!ソーホーにある現代美術館(MOMA)デザインストアでお洒落土産を買おう」で紹介しているソーホーにある現代美術館(MOMA)のお土産ショップに行って見てください。

では、ニューヨークの現代美術館(MOMA)にあるインスタ映えする作品を撮りまくってください!

※この記事は2017/10/31に公開した情報になります
※当サイトに掲載された情報については、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
ご利用等、閲覧者自身のご判断で行なうようお願い致します。
当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者は一切責任を負いかねます。

Pocket